inoxia records onlinestore

Russian Circles / Guidance

2,592円

CD
'ポスト・メタル'とは字面から何となくイメージ出来るスタイルではあるが、明確な定義があるわけでもない不確かなカテゴリーともいえる。そんな中、RUSSIAN CIRCLESによる最新作は、「これがひとつの好例」として提示出来る予感に溢れている。2004年に結成、たった数年でTOOLやISISのツアーに帯同するなど、早くから注目を浴びる存在だった。 Brian Cook (SUMAC/ex.BOTCH)を迎え入れ現編成が完成してからの2nd作『Station』以降は、同郷出身のPELICANと共にいわゆるポスト・メタルのインスト勢を牽引することに。 欧米でのツアー時にはコンスタントに500-1,000人規模の会場を売り切るなど、最も実績を残しているアーティストのひとつだ。
弦楽器の2人がルーパーや多くのエフェクト・ペダルとサンプリングを駆使することでトリオ編成とは思えないブ厚いレイヤー・サウンドを聴かせ、さながらグルーヴ・マシーンの パワフルなドラムが楽曲を引っ張る。インスト・バンドながらコンパクト且つ起承転結が明確な楽曲構成と耳に馴染み易いメロディを持ち合わせており、キャッチーな代表曲も多 い。2014年の『leave them all behind』に参加するかたちで初来日、東京と大阪で行った3公演で日本のファンも質の高いパフォーマンスと噂通りの実力を目の当たりにした。この 際のライヴは今では半ば伝説化している。
これまでMatt Bayles(MINUS THE BEAR)やBrandon Curtis(THE SECRET MACHINES)といった、自らもミュージシャンであるプロデューサーと作品を制作してきたが、本作では Kurt Ballou(CONVERGE)という超一流のミュージシャンながら、ある意味意外な人選で進行。しかしこれは完全に吉と出た。元々Kurt自身がオーセンティックなバンド編成の演奏 を生々しく捉えることに長けたエンジニアであり、多くのペダルを豊かな発想で使用するギタリストでもあるため、RUSSIAN CIRCLESの力強さと多彩さを最大限に引き出している。 誤解を恐れずにいえば、これまでで一番メタリックな印象だった前作『Memorial』を凌駕する重さとグルーヴ感が印象的だ。
ヘヴィなインスト・スタイルではあるが、ダイナミックでインパクト十分な楽曲と演奏は巨匠MOGWAI、あるいは同世代のEXPLOSIONS IN THE SKYやMONOといったアーティスト とも呼応。これらのアーティストと双肩する存在として評価されているのは、決して大袈裟ではない。
2016/08/03

在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。同日に多数の受注を受けた場合+1日かかる場合があります。)

カートに入れる:

  • モデル: DYMC-268
  • 重量: 0.07kg
  • メーカー: Daymare Recordings (Japan)

Copyright © inoxia records Powered by foodunited.