アメリカン・デス・メタル界の重鎮。

1988年結成。数多のメンバー・チェンジを経ながらも、これまで一度も活動を止めることなく自身のスタイルを貫き通しリフを刻み続ける偉大なバンド。過去作のプロデュースにも関わり、2018年以降サポート/ライヴ・ギタリストとして参加していた旧友エリック・ルータン(ヘイト・エターナル/元モービッド・エンジェル)を正式メンバーに迎え、2021年4月に最新スタジオ・アルバムをリリース。

アメリカン・デス・メタル界の重鎮。

1988年結成。数多のメンバー・チェンジを経ながらも、これまで一度も活動を止めることなく自身のスタイルを貫き通しリフを刻み続ける偉大なバンド。過去作のプロデュースにも関わり、2018年以降サポート/ライヴ・ギタリストとして参加していた旧友エリック・ルータン(ヘイト・エターナル/元モービッド・エンジェル)を正式メンバーに迎え、2021年4月に最新スタジオ・アルバムをリリース。

Cannibal Corpse (カンニバル・コープス)

「ゴア・オブセスト」CD (2021)  本作は2002年発売の8thアルバム。前作から3年とこれまでにないインターバルを取り、超大物プロデューサー: ニール・カーノンの起用が大きな驚きを呼んだ作品。残虐さとプロダクションのリッチさが共存、メタル・バンドとして新たな次元に進んだ。 Track list: 1.Savage Butchery 2.Hatchet To The Head 3.Pit Of Zombies 4.Dormant Bodies Bursting...
「ブラッドサースト」CD (2021)  本作は1999年発売の7thアルバム。前作からパット・オブライエン(G)が加入、ラインナップとして安定期に入ったことと名匠コリン・リチャードソンのプロデュースも作用し、サウンド・クオリティがアップ。特にダウン・チューニングのギター・サウンドは円熟味すら感じさせる。 Track list: 1.Pounded Into Dust2.Dead Human Collection3.Unleashing The Bloodthirsty4.The Spine Splitter5.Ecstasy In Decay6.Raped By The...
「ギャラリー・オブ・スーサイド」CD (2021) 本作は1998年発売の6thアルバム。ギタリストとしてパット・オブライエン(元ネヴァーモア)が加入し、続いていたメンバー・チェンジが一旦落ち着く。新ヴォーカリスト: ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャーを迎え初めてビルボード・チャートにランクインした前作『ヴァイル』以上に、中期への移行を印象付けた作品。 Track list: 1.I Will Kill You2.Disposal Of The Body3.Sentenced To Burn4.Blood Drenched Execution5.Gallery Of...
「ヴァイル」CD (2021)  USデス・メタルの重鎮、最新作リリース記念で初期作を再発!2代目シンガー: ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャー初参加作品! アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!本作は1996年発売の5thアルバム。前作までのシンガー: クリス・バーンズに替わり、ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャーが参加した初作品。再びプロデュースを手掛けたのはデス・メタル・サウンドの重鎮スコット・バーンズ、デス・メタル勢として初めてビルボード・チャート圏内に入ったアルバムでもある。 Track list:  1.Devoured by Vermin2.Mummified in Barbed Wire3.Perverse Suffering4.Disfigured5.Bloodlands6.Puncture Wound Massacre7.Relentless Beating8.Absolute...
「ザ・ブリーディング」CD (2021)  アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!本作は1994年発売の4thアルバム。オリジナル・シンガーのクリス・バーンズが参加した最後のアルバムであり、本作以降現在までバンドに在籍するロブ・バレットの初参加作でもある。一貫したヴィジュアルとバンドのコンセプトを確立し切った作品で、当時のデス・メタル系としては破格のセールスを記録している。 Track list:  1.Staring Through the Eyes of the Dead 2.Fucked with a Knife 3.Stripped, Raped and Strangled 4.Pulverized5.Return...
「イートゥン・バック・トゥ・ライフ」CD (2021)  ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!■本作は記念すべきデビュー・アルバム(1990)。過激を極めたジャケットと歌詞で`良識派`に目を付けられ、発売禁止の憂き目に遭った国もある。逆にそこでバンドのキャラクターを確立し、名前を拡げた側面も事実だ。スラッシュ・メタル的なリフ・ワークとデス声の融合はデス・メタル創世記の腐臭を感じさせ、次作以降への期待を煽る。■ボーナス・トラック収録。 Track list:  1.Shredded Humans 2.Edible Autopsy 3.Put Them to Death 4.Mangled 5.Scattered Remains, Splattered Brains6.Born in a Casket7.Rotting Head8.The...
「ヴァイオレンス・アンイマジンド」CD (2021)  アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、15作目となる最新作をリリース!1988年結成。数多のメンバー・チェンジを経ながらも、これまで一度も活動を止めることなく自身のスタイルを貫き通しリフを刻み続ける偉大なバンドが、2018年に再び大きなアクシデントに見舞われる。スレイヤーのツアーへの参加を発表した翌日にギタリストのパット・オブライエンが逮捕され以降の活動が危ぶまれた。バンドはかつて過去作のプロデュースにも関わった旧友エリック・ルータン(ヘイト・エターナル/元モービッド・エンジェル)をサポート・ギタリストに迎え難局を乗り切った。本作はそのエリックを正式メンバーとして迎え、心機一転で制作。「作曲アプローチは変わらない。最もヘヴィ且つ記憶に残るものを書き、1曲ごとに異なるキャラクターを持たせたい。これまでとの最大の違いはエリックの存在だ。彼は一気に3曲も書き上げたんだから」とメンバー自身が語る通り、リフ/サウンドとデス・ヴォイスの強度は従来のデス・メタル・スタイルを踏襲しつつ、更新している。 Track list: 01. Murderous Rampage02. Necrogenic Resurrection03. Inhumane Harvest04. Condemnation Contagion05. Surround, Kill, Devour06. Ritual...
¥2,000

「ゴア・オブセスト」CD (2021)  本作は2002年発売の8thアルバム。前作から3年とこれまでにないインターバルを取り、超大物プロデューサー: ニール・カーノンの起用が大きな...

¥2,000

「ブラッドサースト」CD (2021)  本作は1999年発売の7thアルバム。前作からパット・オブライエン(G)が加入、ラインナップとして安定期に入ったことと名匠コリン・リチャードソ...

¥2,000

「ギャラリー・オブ・スーサイド」CD (2021) 本作は1998年発売の6thアルバム。ギタリストとしてパット・オブライエン(元ネヴァーモア)が加入し、続いていたメンバー・チェンジが一旦落...

¥2,000

「ヴァイル」CD (2021)  USデス・メタルの重鎮、最新作リリース記念で初期作を再発!2代目シンガー: ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャー初参加作品! アメリカン・デ...

¥2,000

「ザ・ブリーディング」CD (2021)  アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!本作は19...

¥2,000

「イートゥン・バック・トゥ・ライフ」CD (2021)  ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を...

¥2,500

「ヴァイオレンス・アンイマジンド」CD (2021)  アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、15作目となる最新作をリリース!1988年結成。数多のメンバー・チェンジ...

Spinner