アメリカ南部ルイジアナ/ニューオーリンズを代表するメタル・バンド、スラッジの始祖にして絶対的な影響力を持ち続ける重鎮。

アメリカ南部ルイジアナ/ニューオーリンズを代表するメタル・バンド、スラッジの始祖にして絶対的な影響力を持ち続ける重鎮。

Eyehategod アイヘイトゴッド

ア・ヒストリー・オブ・ノウマディック・ビヘイヴィア CD (2021)  7年振りに最新作をリリース! ■前作制作直後にドラマーのジョーイ・ラケイズが急逝、2018年にリード・ギタリストのブライアン・パットンが脱退し現行4人編成で活動を続けていたが、遂にこの来日時のメンバーでアルバムを制作。ジミー・バウアー(G: ダウン/スーパージョイント・リチュアル/クロウバーでもプレイ)のリフ師としての腕は冴え渡り、文字通り死の淵から戻ってきたマイク・ウィリアムズの咆哮は、むしろ長いキャリアでの最高位を感じさせる。■本作はバンドの本拠地ルイジアナ州ニューオーリンズにて、ザウやハイ・オン・ファイヤーの仕事で知られるジェイムズ・ウィテンと共にレコーディング。プロダクションでサンフォード・パーカー(ヴォイヴォド/ペリカンetc)の協力も仰いでいる。■全世界に先駆け日本先行発売。日本盤のみボーナス・トラック2曲収録。 Track list:  01.Built Beneath The Lies 02.The Outer Banks 03.Fake What's Yours 04.Three Black Eyes05.Current Situation06.High Risk...
コンフェデラシー・オブ・ルーインド・ライヴズ CD (2021)  最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■2000年リリースの4thアルバム。これまでの陰惨で狂気に溢れたスタイルからブルース/サザンロック/往年のヘヴィロック的なテイストへ大幅に舵を切った作品。かつてよりもブラック・サバス影響下のアプローチが目立つ中、マイク・ウィリアムズのヴォーカルが変わらぬEHG節を聴かせるあたり、全体のバランスも絶妙。US南部出自を色濃く感じさせる味わい深い円熟作。本作をもって待望の初来日公演を含む大規模ワールド・ツアーを敢行、以降一時的に沈黙する。 Track list:  01.Revelation / Revolution 02.Blood Money 03.Jack Ass In The Will Of God 04.Self Medication Blues05.The Concussion...
ドープシック CD (2021)  最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■1996年リリースの3rdアルバム。名手ビリー・アンダーソンをプロデューサーに迎えて音と声の殺傷力をさらに生々しく研ぎ澄まし、混沌と渦を巻く激情の奔流をとめどなく野蛮に豪快に轟かせた超名作。スタジオ内で冒頭のガラス瓶を割る音を録る際にマイク・ウィリアムズが手をざっくり切り大量出血するなど、狂気のエピソードも多い1枚。本作リリース後にホワイト・ゾンビ/パンテラのツアーに抜擢され同行、いよいよその名をメジャー・フィールドにまで轟かせることになった。■日本初CD化、ボーナス・トラック3曲収録。 Track list:  01.My Name Is God (I Hate You) 02.Dogs Holy Life 03.Masters Of Legalized Confusion 04.Dixie Whiskey05.Ruptured...
テイク・アズ・ニーデッド・フォー・ペイン CD (2021)   最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■1993年リリースの2ndアルバム。1st作発売元のあっけない閉鎖の後に流通を担当したセンチュリー・メディアと正式契約。廃ビルの13階で運営されていたスタジオにて録音。焦点の絞られた楽曲と深化を遂げた演奏、表現力と衝動喚起力を格段に増したバンドの充実振りが畏敬を呼ぶ。2009年Terrorizer誌の'時代を超えた重要スラッジ・アルバム'特集にて堂々1位に、2016年Metal Hammer誌の'必聴スラッジ・アルバム10選'にランクされた、誰もが認める重要作。■日本初CD化、ボーナス・トラック6曲収録。 Track list:  01.Blank 02.Sisterfucker (part I) 03.Shoplift 04.White Nigger 05.30$ Bag06.Disturbance07.Take As Needed For Pain08.Sisterfucker (part Ii)09.Crimes Against...
イン・ザ・ネーム・オブ・サファリング CD (2021)  7年振りに最新作をリリース。このタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■1990年リリースの1stアルバム。結成時はほんのプロジェクト気分で活動、「当時のごくごくありきたりなアンダーグラウンド・ミュージックに対するカウンター」を標榜するのみだったが、徐々に熱を帯びていく。本作はバンド自らが録音とプロデュースを担当、持ち前の強烈な破壊衝動と憂鬱な酩酊感を暴力的に打ち出して類まれなスタイルを提示した。いわゆるスラッジ・サウンドの礎のひとつと捉えられる1枚。■日本初CD化、ボーナス・トラック4曲収録。 Track list:  01.Depress 02.Man Is Too Ignorant To Exist 03.Shinobi 04.Pigs 05.Run It Into The Ground06.Godsong07.Children Of God08.Left To...
¥2,400
    アイヘイトゴッド CD (2014)  14年振りとなる通算5作目。■バンドの絶対的リーダー: ジミー・バウアーはパンテラのフィル・アンセルモノの右腕として、フィル率いるダウンやスーパージョイント・リチュアルのメンバーとして活動。フィルは本作に於いても自らのレコーディング・スタジオを提供、アメリカでのリリースは自身のレーベルから行うなど、完全にバックアップしている。■2011年初頭にはアルバム制作のプランが立てられ、他のバンドでの活動と並行しながらゆったりとしたペースで作業を行った本作。プロデューサーの変更や昨年のドラマー逝去など幾つもの困難を乗り越えただけに、音の深さと圧迫感、力強さは殺気と気迫に溢れている。従来のスラッジ/サバス・テイスト・リフに加え、何とも形容し難いスピード感を持つ曲も多く、豪快さのヴァリエーションがこれまで以上に多彩だ。■日本盤のみボーナス・トラック"New Orleans Is The New Vietnam"(シングルとは異なる新録ヴァージョン)追加収録! tracklist01.Agitation! Propaganda!02.Trying To Crack The Hard Dollar03.Parish Motel...
    ¥2,500

    ア・ヒストリー・オブ・ノウマディック・ビヘイヴィア CD (2021)  7年振りに最新作をリリース! ■前作制作直後にドラマーのジョーイ・ラケイズが急逝、2018年にリード・ギタリス...

    ¥2,500

    コンフェデラシー・オブ・ルーインド・ライヴズ CD (2021)  最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■2000年リリースの4thアルバム。これまで...

    ¥2,500

    ドープシック CD (2021)  最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■1996年リリースの3rdアルバム。名手ビリー・アンダーソンをプロデューサーに...

    ¥2,500

    テイク・アズ・ニーデッド・フォー・ペイン CD (2021)   最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■1993年リリースの2ndアルバム。...

    ¥2,500

    イン・ザ・ネーム・オブ・サファリング CD (2021)  7年振りに最新作をリリース。このタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■1990年リリースの1stアルバム。結...

    ¥2,400

    アイヘイトゴッド CD (2014)  14年振りとなる通算5作目。■バンドの絶対的リーダー: ジミー・バウアーはパンテラのフィル・アンセルモノの右腕として、フィル率いるダウンやスーパ...

    Spinner