新着&予約

「ルーミナス・ロット」CD (2021)  5/19発売 ■ドローン/ドゥーム界の巨匠デュオNADJAが最新スタジオ・アルバムをリリース!■2005年結成、アンビエント・ドゥーム/ドリーム・スラッジ/メタルゲイズなどと称されるサウンドは、SUNN O)))に代表されるヘヴィなギター・ドローン音像ながら耽美さをまとい、時にマシーナリーなビートを持ち込みつつ、時空間も自在に行き来する異空間を演出。多作で知られ、CD/アナログ盤は勿論、カセット/配信も含めありとあらゆるフォーマットでリリース。正典スタジオ・アルバムだけでも数10タイトル、コラボ作(日本のvampiliaとの作品も含む)や他アーティストとのスプリット、世界各国のレーベル経由の超限定盤を含めると軽く3桁に届くほどの作品発表を続けている。■本作は『Sonnborner』(2018)以来、2年半振りとなる正典スタジオ・アルバム。これまで有りそうで無かった名門Southern Lordとのタッグが実現。SL看板アーティストSUNN O)))のライヴ編成への参加でも知られる元祖ポストロック・アーティストSLINTのDavid Pajoがミックスを担当、マスタリングはこの手のサウンドを扱わせたら超一流のJames Plotkinがマスタリングを担当しており、ドローン/ドゥームの王道を披露している。■全世界に先駆け日本先行発売。日本盤のみボーナス・トラック収録。 Track list01. Intro02. Luminous Rot03. Cuts On Your Hands04....
「ゾウズ・ワンス・ロイヤル」CD (2021) 5/19発売 ■言わずと知れたUKデス・メタル界の重鎮ボルト・スロワー、後期アルバムを再発!■1986年結成。1stアルバム『In Battle There Is No Law』リリース時はグラインド・コア的なスタイルを色濃く出していたが、名門イヤーエイク移籍後/2ndアルバム『Realm of Chaos』以降はデス・メタル的アプローチを強めていく。とはいえハードコア出自の原点が揺るがず、リフの質感は典型的なメタル・マナーとは距離を置いた、唯一無二のものを提示。曲のスピードを落としヘヴィネスを強調していくことで、独自のスタイルが極められていった。■本作は2005年発売の8thアルバム。レコーディング直前にシンガーのデイヴ・イングラムが離脱、大きなダメージと思われたが、バンドは最初期メンバーで'顔'でもあるカール・ウィレッツを呼び戻す。リフの強度とキャッチーなギター・フレーズ、多彩なリズム・パターンは古くからのファンをも狂喜させ、バンドの華々しい復活を演出した。■その後も順調に活動を続けるが、「完璧なアルバムを作れるまで作品リリースは控える」と宣言。2015年にドラマーのマーティン・キーアンズが急逝したことでバンドは解散を発表、結果として本作が最終作として刻まれることとなった。■00年代初頭のボルト・スロワーのスタイルは、2010年代後半に入り世界各国で盛り上がりを見せるオールド・スクール・デス・メタル・リバイバル/影響下の若きバンドに大きな影響を与え、ある種のテンプレートとして再評価されている。非メタルながらキャッチーなギター・フレーズも聴きどころのひとつ。 Track list:  1.At First Light2.Entrenched3.The Killchain4.Granite Wall5.Those...
「マーセナリィ」CD (2021)  5/19発売  ■言わずと知れたUKデス・メタル界の重鎮ボルト・スロワー、後期アルバムを再発!■1986年結成。1stアルバム『In Battle There Is No Law』リリース時はグラインド・コア的なスタイルを色濃く出していたが、名門イヤーエイク移籍後/2ndアルバム『Realm of Chaos』以降はデス・メタル的アプローチを強めていく。とはいえハードコア出自の原点が揺るがず、リフの質感は典型的なメタル・マナーとは距離を置いた、唯一無二のものを提示。曲のスピードを落としヘヴィネスを強調していくことで、独自のスタイルが極められていった。■本作は1998年発売の6thアルバム。度重なるイヤーエイクとのトラブルから避けメタル・ブレイドへ移籍。これまでよりもさらに曲のテンポを落としながら従来のボルト・スロワー節ともいえるリフの強度はそのままに、ヘヴィさを追求していった。そのスタイルは、2010年代後半に入り世界各国で盛り上がりを見せるオールド・スクール・デス・メタル・リバイバル/影響下の若きバンドに大きな影響を与え、ある種のテンプレートとして再評価されている。非メタルながらキャッチーなギター・フレーズも聴きどころのひとつ。 Track list:  1.Zeroed2.Laid to Waste3.Return from Chaos4.Mercenary5.To...
「ヴァイル」CD (2021)  5/19発売。 USデス・メタルの重鎮、最新作リリース記念で初期作を再発!2代目シンガー: ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャー初参加作品! ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!■本作は1996年発売の5thアルバム。前作までのシンガー: クリス・バーンズに替わり、ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャーが参加した初作品。再びプロデュースを手掛けたのはデス・メタル・サウンドの重鎮スコット・バーンズ、デス・メタル勢として初めてビルボード・チャート圏内に入ったアルバムでもある。 Track list:  1.Devoured by Vermin2.Mummified in Barbed Wire3.Perverse Suffering4.Disfigured5.Bloodlands6.Puncture Wound Massacre7.Relentless...
「ザ・ブリーディング」CD (2021)  5/19発売。 ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!■本作は1994年発売の4thアルバム。オリジナル・シンガーのクリス・バーンズが参加した最後のアルバムであり、本作以降現在までバンドに在籍するロブ・バレットの初参加作でもある。一貫したヴィジュアルとバンドのコンセプトを確立し切った作品で、当時のデス・メタル系としては破格のセールスを記録している。 Track list:  1.Staring Through the Eyes of the Dead 2.Fucked with a Knife 3.Stripped, Raped and...
「イートゥン・バック・トゥ・ライフ」CD (2021)  5/19 発売。 ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!■本作は記念すべきデビュー・アルバム(1990)。過激を極めたジャケットと歌詞で`良識派`に目を付けられ、発売禁止の憂き目に遭った国もある。逆にそこでバンドのキャラクターを確立し、名前を拡げた側面も事実だ。スラッシュ・メタル的なリフ・ワークとデス声の融合はデス・メタル創世記の腐臭を感じさせ、次作以降への期待を煽る。■ボーナス・トラック収録。 Track list:  1.Shredded Humans 2.Edible Autopsy 3.Put Them to Death 4.Mangled 5.Scattered Remains, Splattered Brains6.Born in a...
CD (2021)  シェーン・エンバリー(ナパーム・デス他)が主導する伝説のインダストリアル・バンド メガデス/コンヴァージのメンバーと共に、時を経て新形態で始動!!■エクストリーム・ミュージックの頂点として君臨するナパーム・デスの主要メンバー: シェーン・エンバリーは、ブルへリア、ロックアップ、ヴェノマス・コンセプト等数多くのバンドで並行活動するミュージシャンとして知られる。その中でも90年代初頭に彼自身が立ち上げたインダストリアル色の濃いバンド: ブラッド・フロム・ザ・ソウルは作品1枚しか残していないにも関わらず、語り継がれてきたアウトフィットだ。その伝説のバンドが長い時を経て復活する。■今回のブラッド・フロム・ザ・ソウル再始動はシェーンとダーク・ヴェルビューレン(メガデス/元ソイルワーク)が組んでいるトロノスなるプロジェクトを発展させるかたちで実現。90年代のオリジナル編成時はルー・コラー(シック・オブ・イット・オール)がシンガーだったが、今回の再編でシェーンが声を掛けたのは稀代のカリスマ: ジェイコブ・バノン(コンヴァージ/アンブラ・ヴァテイ他)だ。このラインナップはエクストリーム・ミュージック界のスーパー・グループとして、一気に話題を集めている。■1stアルバムはよりストレートなスタイルのインダストリアル・メタルを想起させたが、手練れのライヴ・ドラマーが加入することでよりヘヴィロック的なダイナミクスを持つサウンドへ発展。ジェイコブもスクリームのみならずメロディックなヴォーカルを聴かせており、バンド・スタイルの拡張振りが際立っている。■全世界に先駆けて日本先行発売(intl: 4/23)。日本盤のみペットブリック(イゴール・カヴァレラ/セパルトゥラ他)やビル・グールド(フェイス・ノー・モア)が手掛けたリミックスなどボーナス・トラック4曲収録。 Track list: 01. Fang Tooth Claw02. Ascend the Spine03. Calcified Youth04....
「ウルトラポップ」 CD (2021)  カオティック・ハードコア/マスコア・サウンドの説得力と、アッパーな巻き込み力が共存。USオルタナ・シーンに驚きと笑いを呼ぶ匿名バンドの本領が発揮された最新作!■デトロイトを拠点に匿名性を保ったメンバー編成で活動。往年のカオティック・ハードコア/マスコア・サウンドを踏襲しながら、徹底的にポップな音楽性で知られるTHE ARMEDの最新作が到着!■2009年結成、カオティック・ハードコア・マナーを基調としながら、シンセ/エレクトロニクスのレイヤーを上乗せ。あざといまでのポップさをまとった音楽性に加え、デビュー・アルバムから全曲無料配布する破天荒振りで話題を呼ぶ。全ての音楽監督として招かれたのはKurt Ballou (CONVERGE / Godcity)。ミキシングなどの技術的な面でのサポートは勿論、各作品ごとに口八丁でChris Pennie (THE DILLINGER ESCAPE PLAN)、Nick Yacyshyn (SUMAC)、Ben Koller (CONVERGE)といったスーパー・ドラマーを呼び込むプロデューサー的な手腕を見せ、サウンドの説得力を後押しした。ミュージック・ビデオでのコスプレ的な佇まいや、どこまで本気か冗談か分からないアッパーなイメージで、Pitchfork他US主要メディアで話題を呼ぶなど、露出の大きさでも知られる。■いわゆるCDリリースは初(!?)となる本作では、これまでのカオティックなサウンド・イメージとヴィジュアル・イメージがさらに高次元で露出。そこに共鳴したTroy Van...
「ドリーム・ウェポン」CD (2021)  ‘サイバーグラインド’と称されたエクストリーム/エレクトロニック・トリオ Nick Yacyshyn (SUMAC/BAPTISTS)をライヴ・ドラマーとして迎え復活!■ニューヨーク/ブルックリンを拠点に、メタル/ハードコアとエレクトロニック/アンビエント・ミュージックを融合させた特徴的なスタイルで知られるGENGHIS TRON。‘サイバーグラインド’と称され支持された彼らが久々に復活する。■2000年代初頭に結成、当初からエクストリーム・ミュージックとエレクトロニック・ミュージックを融合するスタイルで活動、THE DILLINGER ESCAPE PLAN等とのツアーを経てKurt Ballou (CONVERGE)と共に制作し、Greg Puciato (DEP)がゲスト参加した2ndアルバム『Board Up The House』(2008)は地元紙New York Times他で年間ベスト作に選ばれるなど大きな反響を呼んだものの、メンバーの事情で活動を止めていた。■2020年8月に突如復活を宣言、再びKurtと共にアルバムを制作していることを明かす。それまでドラム・マシーンを活用する3人編成だったが、本作より剛腕ドラマーNick...
「ヴァイオレンス・アンイマジンド」CD (2021)  4/14発売。 ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、15作目となる最新作をリリース!■1988年結成。数多のメンバー・チェンジを経ながらも、これまで一度も活動を止めることなく自身のスタイルを貫き通しリフを刻み続ける偉大なバンドが、2018年に再び大きなアクシデントに見舞われる。スレイヤーのツアーへの参加を発表した翌日にギタリストのパット・オブライエンが逮捕され以降の活動が危ぶまれた。バンドはかつて過去作のプロデュースにも関わった旧友エリック・ルータン(ヘイト・エターナル/元モービッド・エンジェル)をサポート・ギタリストに迎え難局を乗り切った。■本作はそのエリックを正式メンバーとして迎え、心機一転で制作。「作曲アプローチは変わらない。最もヘヴィ且つ記憶に残るものを書き、1曲ごとに異なるキャラクターを持たせたい。これまでとの最大の違いはエリックの存在だ。彼は一気に3曲も書き上げたんだから」とメンバー自身が語る通り、リフ/サウンドとデス・ヴォイスの強度は従来のデス・メタル・スタイルを踏襲しつつ、更新している。■全世界に先駆け日本先行発売 (intl: 4/16)。 Track list: 01. Murderous Rampage02. Necrogenic Resurrection03. Inhumane Harvest04. Condemnation Contagion05. Surround,...
ア・ヒストリー・オブ・ノウマディック・ビヘイヴィア CD (2021)  7年振りに最新作をリリース! ■前作制作直後にドラマーのジョーイ・ラケイズが急逝、2018年にリード・ギタリストのブライアン・パットンが脱退し現行4人編成で活動を続けていたが、遂にこの来日時のメンバーでアルバムを制作。ジミー・バウアー(G: ダウン/スーパージョイント・リチュアル/クロウバーでもプレイ)のリフ師としての腕は冴え渡り、文字通り死の淵から戻ってきたマイク・ウィリアムズの咆哮は、むしろ長いキャリアでの最高位を感じさせる。■本作はバンドの本拠地ルイジアナ州ニューオーリンズにて、ザウやハイ・オン・ファイヤーの仕事で知られるジェイムズ・ウィテンと共にレコーディング。プロダクションでサンフォード・パーカー(ヴォイヴォド/ペリカンetc)の協力も仰いでいる。■全世界に先駆け日本先行発売。日本盤のみボーナス・トラック2曲収録。 Track list:  01.Built Beneath The Lies 02.The Outer Banks 03.Fake What's Yours 04.Three Black Eyes05.Current Situation06.High Risk...
クリプト オブ アイス CD (2021)  ■ここ数年のUSアンダーグラウンドで最も話題になったバンドのひとつ、FROZEN SOULが満を持してデビュー・フル・アルバムをリリース! 2018年にテキサス州ダラスにて結成、2019年初頭に発表したデモがバズにバズを呼び、地元でブッキングされた新世代USデス・メタルの両巨頭BLOOD INCANTATION/NECROTとのライヴが激賞を浴びる。その後わずか数回のツアーでメタル/ハードコア界の大手レーベルCentury Mediaと契約するなど、話題には事欠かないバンドだ。■元々地元ダラスでEND TIMESなるハードコア・バンドで活動していたChad Greenが、「GRAVE / BOLT THROWER / OBITUARY /...
¥2,500

「ルーミナス・ロット」CD (2021)  5/19発売 ■ドローン/ドゥーム界の巨匠デュオNADJAが最新スタジオ・アルバムをリリース!■2005年結成、アンビエント・ドゥーム/ドリ...

¥2,000

「ゾウズ・ワンス・ロイヤル」CD (2021) 5/19発売 ■言わずと知れたUKデス・メタル界の重鎮ボルト・スロワー、後期アルバムを再発!■1986年結成。1stアルバム『In Battle ...

¥2,000

「マーセナリィ」CD (2021)  5/19発売  ■言わずと知れたUKデス・メタル界の重鎮ボルト・スロワー、後期アルバムを再発!■1986年結成。1stアルバム『In B...

¥2,000

「ヴァイル」CD (2021)  5/19発売。 USデス・メタルの重鎮、最新作リリース記念で初期作を再発!2代目シンガー: ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャー初参加作品! ...

¥2,000

「ザ・ブリーディング」CD (2021)  5/19発売。 ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を...

¥2,000

「イートゥン・バック・トゥ・ライフ」CD (2021)  5/19 発売。 ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記...

¥2,500

CD (2021)  シェーン・エンバリー(ナパーム・デス他)が主導する伝説のインダストリアル・バンド メガデス/コンヴァージのメンバーと共に、時を経て新形態で始動!!■エクストリー...

¥2,500

「ウルトラポップ」 CD (2021)  カオティック・ハードコア/マスコア・サウンドの説得力と、アッパーな巻き込み力が共存。USオルタナ・シーンに驚きと笑いを呼ぶ匿名バンドの本領が...

¥2,500

「ドリーム・ウェポン」CD (2021)  ‘サイバーグラインド’と称されたエクストリーム/エレクトロニック・トリオ Nick Yacyshyn (SUMAC/BAPTISTS)をラ...

¥2,500

「ヴァイオレンス・アンイマジンド」CD (2021)  4/14発売。 ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、15作目となる最新作をリリース!■1988年結成。数多の...

¥2,500

ア・ヒストリー・オブ・ノウマディック・ビヘイヴィア CD (2021)  7年振りに最新作をリリース! ■前作制作直後にドラマーのジョーイ・ラケイズが急逝、2018年にリード・ギタリス...

¥2,500

クリプト オブ アイス CD (2021)  ■ここ数年のUSアンダーグラウンドで最も話題になったバンドのひとつ、FROZEN SOULが満を持してデビュー・フル・アルバムをリリース!...

Spinner