CD

CD (2021) Release date: 2021/10/20 Reissue of their 6th album released in 1995. Track list:1.From The Other Side2.Killer3.The Poltergeist4.Dreams5.Moonlight6.Six...
CD (2021) Reissue of their 2nd album released in 1985. Including 4 bonus tracks. Track list:1.Traveler In Time2.Orphan Gypsy3.Without...
CD (2021) Reissue of their 1st album released in 1984. Including 4 bonus tracks. Track list:1.Buried Alive2.The Calling3.Kiss...
CD (2021) Reissue of their 2nd album released in 1988.  Track list:1.No Place For Disgrace2.Dreams Of Death3.N.E.Terror4.Escape From Within5.Saturday...
CD (2021) Reissue of their 1st album released in 1986.  Track list:1.Hammerhead2.Iron Tears3.Desecrator4.Fade To Black5.Doomsday For The Deceiver6.Metalshock7.She...
「ガーデン・オブ・バーニング・アパリションズ」2xCD (2021)  Release date: 2021/10/6 エクストリーム・ミュージックとしては破格の成功を収めるグラインド・クラッシャー最新作日本盤のみライヴのフル・セットを完全収録したボーナス・ディスク付2枚組仕様!!■FULL OF HELLは2010年代以降のハイブリッド感の象徴だ。人間業とは思えない速射/連射で放つブラスト・ビートを軸に、メタリックなギター・リフとノイズ要素を融合したスタイルで、瞬く間にアンダーグラウンドのメタル/ハードコア・シーンを掌握。オリジナル・アルバムで叩きつけるライヴ感とMERZBOWやTHE BODYとのコラボ作で聴かせるフリー・フォームへの理解度/知性の対比も見事。年間150本を超えるライヴはインテンスの極み。既に3度の日本ツアーを敢行し、各地で見せたパフォーマンスで日本でも着実に基盤を築いている。■激音界の超名門Relapseへ移籍しており、より規模の大きい環境での第2弾。近作ではKurt Ballou (CONVERGE / Godcity)がレコーディングを担当し緻密な音作りを行っていたが、今回はBATTLESやDAUGHTERSなどが作業を行い、かねてよりFOHの制作をバックアップしてきたMachines With Magnetsでの録音。デス・メタルへの接近が顕著だった『Trumpeting Ecstasy』、最初期のグラインド+ノイズのハイブリッド加減への回帰が絶妙だった前作『Weeping Choir』と比べ自由度を上げ、メタリックなリフとグラインドしながらロック然としたリズムにノイズが絡む、絶妙な塩梅で最新のエクストリーム・ミュージックにまとめてきた。■アートワークはバンドが敬愛するパワーヴァイオレンス界オリジネイター/アンダーグラウンド・アート界の巨匠Mark McCoy(Youth...
「アニモシティ」CD (2021) Release date: 2021/10/6 ■元祖クロスオーヴァー/スラッシュ・バンドのひとつ、コロージョン・オブ・コンフォーミティ(C.O.C.)の初期作をCD化!■1982年にノースカロライナ州ローリーにて結成。最初期は4人編成だったが、1stアルバム『Eye for an Eye』リリース後にトリオ編成へ。ブラック・サバス/ジューダス・プリースト/アイアン・メイデンといったヘヴィメタルとブラック・フラッグ/バッド・ブレインズ等のハードコアに等しく影響を受け、メタリックでスピーディなリフと独特のグルーヴ感が同居するサウンド・スタイルを確立。D.R.I.等と共にクロスオーヴァー/スラッシュ・シーンを牽引していく。後にヘヴィロック・スタイルに大胆なシフト・チェンジを行うが、初期メンバー再編期などを経て現在も活動中。■本作は1985年発売のセカンド・アルバム。トリオ編成になり前作で産み出したメタル/ハードコアのブレンドをより進め、C.O.C.印というべきスタイルを完全に確立。当時盛り上がりつつあったクロスオーヴァー/スラッシュ最初期の名作として知られる。後にメタリカやミスター・バングルが本作収録曲をカヴァーするなど、ミュージシャンの思い入れも強い。ジャケットはミスフィッツやメタリカなどを数多く手掛けるパスヘッドによるもので、彼自身の初期代表作のひとつでもある。 Track list:1.Loss for Words2.Mad World3.Consumed4.Holier5.Positive Outlook6.Prayer7.Intervention8.Kiss of Death9.Hungry Child10.Animosity...
「エクリプス」CD (2021) Release date; September 22nd. 切なさと激しさが背中合わせで共存する、攻撃的且つ繊細でメロディアスな作風ピアノ+ヴォーカル/ベース/ドラムというギターレスのトリオ編成で放つオルタナ・アンサンブル■金沢を拠点にジャンルレスな活動を続けるalleyが、満を持してファースト・フル・アルバムをリリースする。■2018年春結成。ピアノ+ヴォーカル/ベース/ドラムというギターレスのトリオ編成がユニーク。ピアノの繊細なサウンド、中低音を支えながら存在感を放つベース、ライヴ感に溢れるアグレッシヴなドラム、その上に乗るArikaのハスキーな歌声とメロディが特徴的。リズム隊が金沢のハードコア・バンドTHE DONORで活動していたこともあり、ハードコア的な部分は持ち合わせつつそこだけには囚われず、J-POP/ハードロック/ハードコア/メタル/90’sヴィジュアル系等からのインプットを独自のサウンドに昇華している。■このファースト・アルバムでは制作期間を十分に取り、デモ音源や配信シングルを経てバンドの方向性を模索拡大しながら、唯一無二のサウンド・メイキングに成功。‘泣き’‘光と影’‘二面性’という楽曲の基本コンセプトが楽曲ごとにオルタナティヴ/アコースティック/エクスペリメンタル/スラッジ/ヘヴィロックと様々な顔を見せながら、'攻撃的且つメロディアスな作風'を具現化する。■関西の重鎮second to none、東京の先鋭ヘヴィロック・バンドBB等先輩からのフックアップとプロップを受けていることからそのシーンでの露出が多いことでも、バンド・アンサンブルの強力さを伺えるはず。そしてNUMB, ISSUGI, illmore, MEANING, RESENTMENT等との共演歴を見るに、ジャンルを問わずの波及性を感じさせる。 Track list:01.Intro02.Gone with the...
「ウォー・アンド・ペイン」CD (2021) カナダが誇るメタル・バンド: ヴォイヴォドの原点!パンク/ハードコア寄りのサウンドが異形感をもたらしたデビュー作!■1982年カナダのフランス語圏ケベックにて結成。結成当初はヴェノムやモーターヘッドに影響を受け、パンク/ハードコアのエッセンスを取り入れたサウンドだったが、作品を重ねるごとにメタル色を濃くした後にプログレッシヴ且つサイケデリックなスタイルへと進化。SF的世界観を持った作風でメタル界でも唯一無二の存在として知られ、現在も活動を続けている。■本作は1984年発売のデビュー・アルバム。ヴェノムやモーターヘッドの影響を色濃く残したメタル・バンドとしてのアイデンティティを持ちつつ直接的にパンク/ハードコアのテイストを取り入れており、メンバーの佇まいと相まった異形感はデビュー作ながら強烈なインパクトを残した。後の諸作とは印象が異なる作品で、メタルがスラッシュ・メタルを起点に過激化していく最初期の記念碑的な側面も持つ。■ボーナス・トラック4曲収録。 Track list1.Voivod2.Warriors of Ice3.Suck Your Bone4.Iron Gang5.War and Pain6.Blower7.Live for Violence8.Black City9.Nuclear War10.Condemned to...
「テクノクラシー」CD (2021) Release date: 2021/9/22 クロスオーヴァー/スラッシュ最初期の名作!トリオ編成時の音源を追加収録、バンドの転換期の始まりを生々しく切り取る■元祖クロスオーヴァー/スラッシュ・バンドのひとつ、コロージョン・オブ・コンフォーミティ(C.O.C.)の初期作をCD化!■1982年にノースカロライナ州ローリーにて結成。最初期は4人編成だったが、1stアルバム『Eye for an Eye』リリース後にトリオ編成へ。ブラック・サバス/ジューダス・プリースト/アイアン・メイデンといったヘヴィメタルとブラック・フラッグ/バッド・ブレインズ等のハードコアに等しく影響を受け、メタリックでスピーディなリフと独特のグルーヴ感が同居するサウンド・スタイルを確立。D.R.I.等と共にクロスオーヴァー/スラッシュ・シーンを牽引していく。後にヘヴィロック・スタイルに大胆なシフト・チェンジを行うが、初期メンバー再編期などを経て現在も活動中。■本作は1987年にEPとしてリリースされた作品。前作『アニモシティ』でブレイクを果たしたことで安定継続かと思われたトリオ編成だが、元アグリー・アメリカンズのサイモン・ボブをシンガーとして迎え再び4人編成へ。前作よりもクリアなプロダクションとメタル色を濃くしたサウンドは、その後のスタイルへの転換期を象徴している。今回はトリオ編成時(マイク・ディーンがVoを兼任)に制作したデモ音源4曲を追加し、アルバムとしてリリース。両者の違いを顕著に感じられる。 Track list:1.Technocracy2.Hungry Child3.Happily Ever After4.Crawling5.Ahh Blugh6.Intervention (demo)*7.Technocracy (demo)*8.Crawling (demo)*9.Happily...
「ジ・アメリカン・ウェイ」CD (2021)スラッシュ・メタル第2世代を代表するバンド全ての面で前作を凌駕、シーンでの地位を完全確立したセカンド・アルバム!■スラッシュ・メタル第2世代を代表するセイクレッド・ライクの初期作をCD化!■1985年にアリゾナ州フェニックスにて結成。メタリカ/スレイヤー/アンスラックス/メガデスに続くスラッシュ・メタル第2世代であり、デス・エンジェル/ダーク・エンジェル/テスタメント等と肩を並べる存在。フロットサム・アンド・ジェットサムと共にアリゾナを代表するバンドでもある。荒々しいギター・リフやパワフルでスピード感のあるドラムはスラッシュ・メタルの醍醐味を体現するが、ポリティカルな姿勢を貫くところが特徴的。2000年に一度解散するも再結成、現在も活動を続けている。■本作は1990年にリリースされたセカンド・アルバム。長期ツアーを経てバンドの体力を上げ切った状態で制作したアルバムであり、全ての面で前作を凌駕する内容。ビルボード・チャート・トップ200に初めてランクインするなど、商業的な結果もついてきた。タイトル・トラック"ジ・アメリカン・ウェイ"は大ヒット・コメディ映画『原始のマン』(1992)劇中でも使われた。Track list: 1.Love... Hate2.The American Way3.The Way It Is4.Crimes Against Humanity5.State of Emergency6.Who's To Blame7.I Don't Know8.31...
「サーフ・ニカラグア」CD (2021) スラッシュ・メタル第2世代を代表するバンドポリティカルな姿勢を強めつつエンターテインメント性を高めた企画盤■スラッシュ・メタル第2世代を代表するセイクレッド・ライクの初期作をCD化!■1985年にアリゾナ州フェニックスにて結成。メタリカ/スレイヤー/アンスラックス/メガデスに続くスラッシュ・メタル第2世代であり、デス・エンジェル/ダーク・エンジェル/テスタメント等と肩を並べる存在。フロットサム・アンド・ジェットサムと共にアリゾナを代表するバンドでもある。荒々しいギター・リフやパワフルでスピード感のあるドラムはスラッシュ・メタルの醍醐味を体現するが、ポリティカルな姿勢を貫くところが特徴的。2000年に一度解散するも再結成、現在も活動を続けている。■本作はデビュー・アルバム『イグノランス』でのブレイクを受け、間を空けずにリリースを続けるべく計画されたミニ・アルバム。前作同様にビル・メトイヤーがプロデュースを担当した。コミカルなアートワークに反し、タイトル曲はアメリカの軍事介入を皮肉るなどポリティカルな姿勢が鮮明に。ブラック・サバス"ウォー・ピッグス"のカヴァーも話題を呼んだ。さらに今回はライヴ音源2曲を追加収録。Track list: 1.Surf Nicaragua2.One Nation3.War Pigs4.Draining You of Life5.Ignorance (live)* (bonus track)6.Death Squad (live)* (bonus track) 在庫状況:B...
「イグノランス」CD (2021) スラッシュ・メタル第2世代を代表するバンド驚異のクオリティで第1世代を猛追し始めたデビュー・アルバム!■スラッシュ・メタル第2世代を代表するセイクレッド・ライクの初期作をCD化!■1985年にアリゾナ州フェニックスにて結成。メタリカ/スレイヤー/アンスラックス/メガデスに続くスラッシュ・メタル第2世代であり、デス・エンジェル/ダーク・エンジェル/テスタメント等と肩を並べる存在。フロットサム・アンド・ジェットサムと共にアリゾナを代表するバンドでもある。荒々しいギター・リフやパワフルでスピード感のあるドラムはスラッシュ・メタルの醍醐味を体現するが、ポリティカルな姿勢を貫くところが特徴的。2000年に一度解散するも再結成、現在も活動を続けている。■本作は1987年にリリースされたデビュー・アルバム。初期スレイヤーとの仕事で知られ、メタル・ブレイド所属アーティストを数多く手掛けたビル・メトイヤーがプロデュースを担当した。鋭角的にザクザクと刻まれるギター・リフやスピード感溢れるドラムは当時のスラッシュ・メタルを象徴する内容であり、第1世代を猛追する存在として一気に認知度を上げた。今回は『メタル・マサカー VIII』に提供していたヴァージョンを追加収録。Track list: 1.Death Squad2.Victim of Demise3.Layed to Rest4.Ignorance5.No Believers6.Violent Solutions7.Rest in Peace8.Sacred Reich9.Administrative Decisions10.Ignorance (MM...
CD (1996) Guitar: Kimijima, Drums: Taguchi, Vocal: Hasegawa, Bass: Uchiyama1.quick-buck, quick-fix2.hoop loop3.eleven maladies4.fitful baits5.hitch it, twitch6.cleanup snakepit (ver.2)...
CD (2021) Track list: 1. Mountain Magick 2. Spirit Of Lightning 3. Through Eternal Fields 4. Primal Chasm...
CD (2021)  Track list: 1.Shellstar2.In Blur3.Great Mass Of Color4.Neptune Raining Diamonds5.Lament For Wasps6.Villain7.The Gnashing8.Other Language9.Mombasa 2021/8/18 Stock status...
「ビターネス」CD (2021)  北欧系デスラッシュのオリジネイターのひとつスラッシュ的要素よりもメロディに更に比重を置き、メロ・デスの先駆けにもなった2nd作!■1989年ストックホルムにて結成、スウェーデンのデス・メタル・シーンに登場したバンド。■オールド・スクール・デス・メタルを基調にしつつスラッシュ寄りのサウンドにグルーヴィなテイストとメロディも盛り込み、後にメロ・デス/デスn'ロールとして認知されていくサブ・ジャンル・スタイルを一早く確立する。90年代半ばから音楽的に拡散していくデス・メタル勢の先駆者のひとつであり、あまりにも先を行き過ぎた音楽性は解散後も根強い評価を得ていた。■本作は1994年発売の2ndアルバム。前作路線を踏襲しつつスラッシュ的な要素を減らし、変わりにメロディ導入を大幅に増加。リフの強度を上げ曲のヴァリエーションも広がり、プロダクションも向上。いわゆるメロ・デスの先駆けになった作品。 Track list: 1.Life Shatters2.Left Behind3.A Closing Eye4.Taster Of Tragedy5.Bleeding6.Among Mortals7.Enslaved8.Winter9.Cold Bitterness 2021/8/18 在庫状況:B (倉庫在庫、実働3日以内に発送予定。品切れの場合は返金いたします。)
CD (2021)  北欧系デスラッシュのオリジネイターのひとつメロディとグルーヴィなテイストも盛り込み独自のスタイルを確立した1st作!■1989年ストックホルムにて結成、スウェーデンのデス・メタル・シーンに登場したバンド。■オールド・スクール・デス・メタルを基調にしつつスラッシュ寄りのサウンドにグルーヴィなテイストとメロディも盛り込み、後にメロ・デス/デスn'ロールとして認知されていくサブ・ジャンル・スタイルを一早く確立する。90年代半ばから音楽的に拡散していくデス・メタル勢の先駆者のひとつであり、あまりにも先を行き過ぎた音楽性は解散後も根強い評価を得ている。■本作は1993年発売の1stアルバム。アトモスフェリックな雰囲気を湛えながらメロディックな要素も導入、グルーヴィなテイストも取り入れつつそれでもデス・メタルとして成立させるバランス感覚が見事。1曲でDISMEMBERのMatti Karkiがゲスト参加。 Track list: 1.Into Eternity2.Depression3.Tears4.The Chill Within5.Visions6.Twisted Emotions7.Forever Gone8.Passes Away9.Asleep 2021/8/18 在庫状況:B (倉庫在庫、実働3日以内に発送予定。品切れの場合は返金いたします。)
「レデンプション」CD (2021) 頑固なまでに己のデス・メタルとブルータルさを追求した2nd作、日本初CD化! ■1989年結成、スウェーデンのデス・メタル・シーンに登場したバンド。■SODOM/SLAYER/VENOMに影響され邪悪なスタイルを標榜して立ち上げたが、NAPALM DEATHに感化されよりブルータルなデス・メタルへ進化していく。デモ音源やEPをリリースすることでアンダーグラウンド・シーンで注目され、満を持してアルバム・リリース。追ってMetal Bladeとの契約が成立、CANNIBAL CORPSEやVADERといったビッグ・ネームとツアーを繰り返し、コンスタントにアルバムをリリースしていった。■本作は1999年発売の2ndアルバム。この時点で既にキャリア10年、頑固なまでに己のデス・メタルとブルータルさを追求することで自らのスタイルを完全に確立した。日本初CD化、NAPALM DEATH/SODOMのカヴァーを含むボーナス・トラック5曲収録。 Track list: 1.The Voyage2.Forty Seconds Bloodbath3.Forever In Gloom4.Heaps Of Blood5.Embraced By...
「レイプト・イン・ゼア・オウン・ブラッド」CD (2021)  スウェーデン発ブルータル・デス・メタルの超ベテラン・バンド結成から長い期間を掛けて熟成した曲のみを収録した1st作、日本初CD化!■1989年結成、スウェーデンのデス・メタル・シーンに登場したバンド。■SODOM/SLAYER/VENOMに影響され邪悪なスタイルを標榜して立ち上げたが、NAPALM DEATHに感化されよりブルータルなデス・メタルへ進化していく。デモ音源やEPをリリースすることでアンダーグラウンド・シーンで注目され、満を持してアルバム・リリース。追ってMetal Bladeとの契約が成立、CANNIBAL CORPSEやVADERといったビッグ・ネームとツアーを繰り返し、コンスタントにアルバムをリリースしていった。■本作は1996年発売の1stアルバム。結成から長い期間を掛けて熟成した曲のみを収録、待望度を上げ切った中でのリリースは大きなプロップを呼ぶ。ブルータル・デス・メタルの一端を見せているのも大きい。日本初CD化、ボーナス・トラック3曲収録。 Track list: 1.Nervegasclouds2.Raped In Their Own Blood3.Dark Grey Epoch4.Pure Death5.Through Sepulchral Shadows6.Inferno7.Sad...
「マン・オブ・ストロー」CD (2021) 本作は1989年発売の2ndアルバム。ギターに顕著なサウンド・プロダクション面の向上で進化を伺わせた。ベイエリアを中心とするUS西海岸スラッシュ・メタルがそろそろ落ち着く気配を見せる中での傑作。カルト的に評価されながら正式再発盤が殆ど流通せず、幾度となくブート化された音源が日本初CD化。Track list: 1.White Death2.They Raped The Land3.Twilight Fate4.The Trail5.Case Of The Stubborns6.Winter7.Hell Is For Children8.Creative Divorce9.Man...
「ドゥ・オア・ダイ」CD (2021) わずか4年の活動期間中に伝説を残したLA出身のピュア・スラッシュ・メタル・バンドとにかく速くリフを叩きつけるDARK ANGEL直系スタイルの1st作、日本初CD化! ■1986年にロサンゼルスにて結成、ピュアなスラッシュ・メタルを追求した伝説のバンド。■結成後わずか数回のライヴでMetal Bladeとのレコーディング・ディールを獲得、以降DARK ANGEL / MEGADETH / SACRED REICH等とのツアーを繰り返し、2枚のスタジオ・アルバムをリリース。DARK ANGEL直系ともいえるリフ重視/スピード重視のスラッシュ・メタル・サウンドは高い注目を浴びる。2枚のアルバムを発表後に解散、ギタリストのBrett EriksenはDARK ANGELに加入する。後にVIKINGが再結成した際、Gene HoglanとMike Gonzalezが参加するなど、何かとDARK ANGELと縁深いバンドとして知られる。■本作は1988年発売の1stアルバム。とにかく速くリフを叩きつけるスタイルはDARK ANGEL直系、スラッシュ・メタル第1世代が音楽的に幅を広げていく中、ピュアにリフとスピードを追求していく様は圧巻。カルト的に評価されながら正式再発盤が殆ど流通せず、幾度となくブート化された音源が日本初CD化。...
「アタヴィスティック・ブラック・ディスオーダー / コマンド」CD (2021) 音楽映画『ロード・オブ・カオス』公開中!ブラック・メタル界の魔王による、新曲+パンク/ハードコア・カヴァー収録のミニ・アルバム! ■ノルウェイジアン・ブラック・メタルの重鎮メイヘム、最新ミニ・アルバムをリリース!■ブラック・メタル黎明期から中心的なバンドとして知られ、音楽的な先鋭性と後のメタル・シーンへの影響度貢献度は勿論、教会放火/メンバーの自殺/殺人など社会的にもショッキングな事件で悪名が高かったことも事実。現在公開中で多方面から話題を呼ぶ音楽映画『ロード・オブ・カオス』は、このメイヘムを題材にしたものだ。■本作は最新アルバム『Daemon』(日本未発売)制作時に録音していた新曲3曲に加え、パンクロック/ハードコアのカヴァー4曲を収録したミニ・アルバム。メタル以外の部分でインスパイアされたものを感じさせる選曲は、意外性と納得が共存する。さらに初期メイヘムのシンガーであるメサイアとマニアックがゲスト・シンガーとして参加しているのも大きなトピックだ。 Tracklist1. Voces Ab Alta2. Black Glass Communion3. Everlasting Dying Flame4. In Defense...
「エンジェル・ウイングズ + アイスバーン・スプリット/エヴリシング・レフト」2xCD (2021) 発売日:7/7 90'sポスト・ハードコア黎明期の貴重音源発掘!後にSUNN O)))へとつながっていく名バンドの2nd作+レア音源、日本独占CD化! 本作は95年にハードコア系の超名門Revelationからリリースされた2ndアルバム『Angel Wings』をメインに、盟友ICEBURNとのスプリット作に収録していた楽曲、アルバム未収の7"曲といった初CD化音源を収録。これまで以上に音楽的な幅を拡げた2nd作は隠れた名盤として高く評価されている。BradBoatrightによるリマスタリングも完璧。全世界的にアナログ盤と配信でのリリース、CD化されるのは日本のみ。勿論全曲日本初CD化。 Track list: disc I: Angel Wings1.Holds To Fight In2.Windsheild3.Nailgun4.Fanbelt5.Anchor6.Herbie...
「ベア・キャッチング・フィッシュ + ノヴォケイン/アストロノート」2xCD (2021) 発売日:7/7 90'sポスト・ハードコア黎明期の貴重音源発掘!後にSUNN O)))へとつながっていく名バンドの1st作+レア音源、日本独占CD化! 本作は93年にパンク/グランジ/オルタナティヴ系のリリースで知られるシアトルの名門CZからリリースされた1stアルバム『Bear Catching Fish』(録音はSteve Albiniが担当)をメインに、デビュー・シングルやCZからの7"といった初CD化音源を収録。Brad Boatrightによるリマスタリングが施されている。全世界的にアナログ盤と配信でのリリース、CD化されるのは日本のみ。勿論全曲日本初CD化。 Track list: disc I: Bear Catching...
「デ・ドアン」CD (2021)  ヨーロピアン・ポストメタルの最高峰!漆黒に彩られた4年振りの最新アルバム!これまでに『Mass』と題した6連作をフル・アルバムとしてリリース。4年振りの最新作となる本作は、文字通り暗闇を抜け光の世界に進みゆく解放感に溢れる。盟友OATHBREAKERからCaro Tangheも参加、AMENRAのカリスマ・シンガーColin H. van Eeckhoutとの掛け合いには、厳かさも漂う。日本盤のみボーナス・トラック2曲収録。 Track list:1. Ogentroost2. De Dood In Bloei3. De Evenmens4. Het Gloren5....
「マイグレイション」CD (2021) UKポストメタルの雄、5年振りの2ndアルバム!CULT OF LUNAのVo、ENDONから宮部幸宜/愛甲太郎/那倉悦生が参加! NEUROSISやISISに代表されるポストメタル・サウンドを体現する音楽性で知られるが、制作に1年以上を費やした本作ではスケール感を大幅にアップ。TOOLやNINE INCH NAILS的なビッグ・プロダクションのアプローチもきっちりとハマっており、先行シングル曲"Menhir"が公開されるや否や地元英国BBCで大々的に取り上げられるなど、期待値が高まっている。盟友CULT OF LUNAからシンガーのJohannes Perssonが1曲ゲスト参加、さらに日本のエクストリーム・ミュージック・バンドENDONから宮部幸宜/愛甲太郎/那倉悦生の3人が参加し、ほぼ全編でサウンドにレイヤーを加えている。ENDONのライヴに打ちのめされたBOSSKのメンバーたっての希望で実現したストーリーで、日本での突破も期待される。■日本盤のみボーナス・トラック2曲収録。 Track list:1. White Stork2. Mehir3. Iter4. HTV-35....
CD (2021)  ■東京と埼玉を中心に活動するヒップホップグループSQUASH SQUADのメンバーとして広く名を知られるVITO FOCCACIO。■今作は時代の流れを取り込みながらも、どこまでも孤独に突き進めた作者の感覚を頼りに無用なガラパゴス的進化を遂げ咲き乱れ、ゴシックをメインテーマにヴィジュアル系、メタル、ノイズ、オペラ、ホラーコア、もちろんヒップホップとトラップをも平らげた複合的な作品となった。格調高く甘美に退廃した今作は飽和状態となった新しさに生い茂り時間を未来へと進める。■SQUASH SQUADの盟友Loota、新作が話題を呼ぶ気鋭のIMUHA BLACK、Eujin KAWI (弗猫建物)、トラックメイカ―ATSUKI、東京エクストリーム・バンドENDONの那倉太一/那倉悦生/愛甲太郎、及びUCGM勢もフィーチュアリング。■アートワークは今や日本を代表するコラージュ・アーティスト/グラフィック・デザイナー河村康輔が担当。tracklist1: UEWO feat. Taro Aiko (from ENDON/M.A.S.F.)prod by Cub$ electronics...
「ロウジング」CD (2021)  本作は1997年発売の4thアルバム。ツーバス/ツイン・リード成分を大幅に増した前作で自身のデス・メタルそのものを拡張することに成功したが、本作ではその路線を更に追求。テクニカル・デス・メタルと呼ぶべきレベルまで押し上げた、再評価すべき名盤。 Track list: 1.Siamese Screams 2.Translucense 3.The Cloning 4.Reunited 5.High On Formaldehyde 6.A Window To Hell...
「リパルシヴ・コンセプション」CD (2021)  本作は1995年発売の3rdアルバム。ツーバスを大幅に導入することでリズムの多彩さに磨きが掛かり、ブルータルさはそのままにより複雑化したサウンドを構築。当時のハイ・プロダクションを今に聴かせる。 Track list: 1.Dilation And Extraction 2.Grind Box 3.Chewed To Stubs 4.Engorged With Impiety 5.Swallowed Whole...
「ザ・バウルズ・オブ・リパグナンス」CD (2021)  本作は1993年発売の2ndアルバム。前作よりもブラスト・ビートを多用、ロウ且つプリミティヴな方向性に向かいながらテクニカルさはアップ。リフの鋭利さとグロウル・ヴォーカルで自身のスタイルを完全に確立し、後続にも大きな影響を与えた。 Track list: 1.Repugnance (Intro) 2.The Dead Half 3.Coprophagia 4.She Came Out In Chunks 5.Peeled 6.Peeled...
「ゴア・オブセスト」CD (2021)  本作は2002年発売の8thアルバム。前作から3年とこれまでにないインターバルを取り、超大物プロデューサー: ニール・カーノンの起用が大きな驚きを呼んだ作品。残虐さとプロダクションのリッチさが共存、メタル・バンドとして新たな次元に進んだ。 Track list: 1.Savage Butchery 2.Hatchet To The Head 3.Pit Of Zombies 4.Dormant Bodies Bursting...
「ブラッドサースト」CD (2021)  本作は1999年発売の7thアルバム。前作からパット・オブライエン(G)が加入、ラインナップとして安定期に入ったことと名匠コリン・リチャードソンのプロデュースも作用し、サウンド・クオリティがアップ。特にダウン・チューニングのギター・サウンドは円熟味すら感じさせる。 Track list: 1.Pounded Into Dust2.Dead Human Collection3.Unleashing The Bloodthirsty4.The Spine Splitter5.Ecstasy In Decay6.Raped By The...
「ギャラリー・オブ・スーサイド」CD (2021) 本作は1998年発売の6thアルバム。ギタリストとしてパット・オブライエン(元ネヴァーモア)が加入し、続いていたメンバー・チェンジが一旦落ち着く。新ヴォーカリスト: ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャーを迎え初めてビルボード・チャートにランクインした前作『ヴァイル』以上に、中期への移行を印象付けた作品。 Track list: 1.I Will Kill You2.Disposal Of The Body3.Sentenced To Burn4.Blood Drenched Execution5.Gallery Of...
「アロウズ」CD (2021) 今や非メジャー系のストーナー/ヘヴィロック・バンドとしてはトップ・クラスの人気万全を期したRED FANGの最新作は、2021年を象徴するアンセム満載アルバム! ■本作は実に5年振りのスタジオ・アルバム。2020年半ばには完成していたものの、コロナ禍での全世界販売機会ロスを回避すべく2021年に先送りした経緯が有る。「最初はトラックだけのアルバムにして、ヴォーカルやギター・ソロを聴きたければ段階的に課金してもらうやり方が面白いかと考えた」というアイデアは取り止め、バンドの原点回帰を思わせるリフの応酬とアンセム的キラー・チューンを連打。オーソドックスなロック・アルバム・フォーマットで傑作を作り上げた。■MASTODON、HIGH ON FIRE、BARONESSといったヘヴィロック系をメジャーに送り込み、確かな実績を積み上げるRelapseの現在のトップ・プライオリティ・アーティスト。QUEENS OF THE STONE AGEやGHOSTが大ヒットする欧米の土壌を考えると、本作での決定的ブレイクも見える。■日本盤のみボーナス・トラック収録。 Track list: 1.Take It Back2.Unreal Estate3.Arrows4.My Disaster5.Two...
「ルーミナス・ロット」CD (2021)  5/19発売 ■ドローン/ドゥーム界の巨匠デュオNADJAが最新スタジオ・アルバムをリリース!■2005年結成、アンビエント・ドゥーム/ドリーム・スラッジ/メタルゲイズなどと称されるサウンドは、SUNN O)))に代表されるヘヴィなギター・ドローン音像ながら耽美さをまとい、時にマシーナリーなビートを持ち込みつつ、時空間も自在に行き来する異空間を演出。多作で知られ、CD/アナログ盤は勿論、カセット/配信も含めありとあらゆるフォーマットでリリース。正典スタジオ・アルバムだけでも数10タイトル、コラボ作(日本のvampiliaとの作品も含む)や他アーティストとのスプリット、世界各国のレーベル経由の超限定盤を含めると軽く3桁に届くほどの作品発表を続けている。■本作は『Sonnborner』(2018)以来、2年半振りとなる正典スタジオ・アルバム。これまで有りそうで無かった名門Southern Lordとのタッグが実現。SL看板アーティストSUNN O)))のライヴ編成への参加でも知られる元祖ポストロック・アーティストSLINTのDavid Pajoがミックスを担当、マスタリングはこの手のサウンドを扱わせたら超一流のJames Plotkinがマスタリングを担当しており、ドローン/ドゥームの王道を披露している。■全世界に先駆け日本先行発売。日本盤のみボーナス・トラック収録。 Track list01. Intro02. Luminous Rot03. Cuts On Your Hands04....
「ゾウズ・ワンス・ロイヤル」CD (2021) 5/19発売 ■言わずと知れたUKデス・メタル界の重鎮ボルト・スロワー、後期アルバムを再発!■1986年結成。1stアルバム『In Battle There Is No Law』リリース時はグラインド・コア的なスタイルを色濃く出していたが、名門イヤーエイク移籍後/2ndアルバム『Realm of Chaos』以降はデス・メタル的アプローチを強めていく。とはいえハードコア出自の原点が揺るがず、リフの質感は典型的なメタル・マナーとは距離を置いた、唯一無二のものを提示。曲のスピードを落としヘヴィネスを強調していくことで、独自のスタイルが極められていった。■本作は2005年発売の8thアルバム。レコーディング直前にシンガーのデイヴ・イングラムが離脱、大きなダメージと思われたが、バンドは最初期メンバーで'顔'でもあるカール・ウィレッツを呼び戻す。リフの強度とキャッチーなギター・フレーズ、多彩なリズム・パターンは古くからのファンをも狂喜させ、バンドの華々しい復活を演出した。■その後も順調に活動を続けるが、「完璧なアルバムを作れるまで作品リリースは控える」と宣言。2015年にドラマーのマーティン・キーアンズが急逝したことでバンドは解散を発表、結果として本作が最終作として刻まれることとなった。■00年代初頭のボルト・スロワーのスタイルは、2010年代後半に入り世界各国で盛り上がりを見せるオールド・スクール・デス・メタル・リバイバル/影響下の若きバンドに大きな影響を与え、ある種のテンプレートとして再評価されている。非メタルながらキャッチーなギター・フレーズも聴きどころのひとつ。 Track list:  1.At First Light2.Entrenched3.The Killchain4.Granite Wall5.Those...
「マーセナリィ」CD (2021)  5/19発売  ■言わずと知れたUKデス・メタル界の重鎮ボルト・スロワー、後期アルバムを再発!■1986年結成。1stアルバム『In Battle There Is No Law』リリース時はグラインド・コア的なスタイルを色濃く出していたが、名門イヤーエイク移籍後/2ndアルバム『Realm of Chaos』以降はデス・メタル的アプローチを強めていく。とはいえハードコア出自の原点が揺るがず、リフの質感は典型的なメタル・マナーとは距離を置いた、唯一無二のものを提示。曲のスピードを落としヘヴィネスを強調していくことで、独自のスタイルが極められていった。■本作は1998年発売の6thアルバム。度重なるイヤーエイクとのトラブルから避けメタル・ブレイドへ移籍。これまでよりもさらに曲のテンポを落としながら従来のボルト・スロワー節ともいえるリフの強度はそのままに、ヘヴィさを追求していった。そのスタイルは、2010年代後半に入り世界各国で盛り上がりを見せるオールド・スクール・デス・メタル・リバイバル/影響下の若きバンドに大きな影響を与え、ある種のテンプレートとして再評価されている。非メタルながらキャッチーなギター・フレーズも聴きどころのひとつ。 Track list:  1.Zeroed2.Laid to Waste3.Return from Chaos4.Mercenary5.To...
「ヴァイル」CD (2021)  USデス・メタルの重鎮、最新作リリース記念で初期作を再発!2代目シンガー: ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャー初参加作品! アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!本作は1996年発売の5thアルバム。前作までのシンガー: クリス・バーンズに替わり、ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャーが参加した初作品。再びプロデュースを手掛けたのはデス・メタル・サウンドの重鎮スコット・バーンズ、デス・メタル勢として初めてビルボード・チャート圏内に入ったアルバムでもある。 Track list:  1.Devoured by Vermin2.Mummified in Barbed Wire3.Perverse Suffering4.Disfigured5.Bloodlands6.Puncture Wound Massacre7.Relentless Beating8.Absolute...
「ザ・ブリーディング」CD (2021)  アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!本作は1994年発売の4thアルバム。オリジナル・シンガーのクリス・バーンズが参加した最後のアルバムであり、本作以降現在までバンドに在籍するロブ・バレットの初参加作でもある。一貫したヴィジュアルとバンドのコンセプトを確立し切った作品で、当時のデス・メタル系としては破格のセールスを記録している。 Track list:  1.Staring Through the Eyes of the Dead 2.Fucked with a Knife 3.Stripped, Raped and Strangled 4.Pulverized5.Return...
「イートゥン・バック・トゥ・ライフ」CD (2021)  ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!■本作は記念すべきデビュー・アルバム(1990)。過激を極めたジャケットと歌詞で`良識派`に目を付けられ、発売禁止の憂き目に遭った国もある。逆にそこでバンドのキャラクターを確立し、名前を拡げた側面も事実だ。スラッシュ・メタル的なリフ・ワークとデス声の融合はデス・メタル創世記の腐臭を感じさせ、次作以降への期待を煽る。■ボーナス・トラック収録。 Track list:  1.Shredded Humans 2.Edible Autopsy 3.Put Them to Death 4.Mangled 5.Scattered Remains, Splattered Brains6.Born in a Casket7.Rotting Head8.The...
CD (2021)  シェーン・エンバリー(ナパーム・デス他)が主導する伝説のインダストリアル・バンド メガデス/コンヴァージのメンバーと共に、時を経て新形態で始動!!■エクストリーム・ミュージックの頂点として君臨するナパーム・デスの主要メンバー: シェーン・エンバリーは、ブルへリア、ロックアップ、ヴェノマス・コンセプト等数多くのバンドで並行活動するミュージシャンとして知られる。その中でも90年代初頭に彼自身が立ち上げたインダストリアル色の濃いバンド: ブラッド・フロム・ザ・ソウルは作品1枚しか残していないにも関わらず、語り継がれてきたアウトフィットだ。その伝説のバンドが長い時を経て復活する。■今回のブラッド・フロム・ザ・ソウル再始動はシェーンとダーク・ヴェルビューレン(メガデス/元ソイルワーク)が組んでいるトロノスなるプロジェクトを発展させるかたちで実現。90年代のオリジナル編成時はルー・コラー(シック・オブ・イット・オール)がシンガーだったが、今回の再編でシェーンが声を掛けたのは稀代のカリスマ: ジェイコブ・バノン(コンヴァージ/アンブラ・ヴァテイ他)だ。このラインナップはエクストリーム・ミュージック界のスーパー・グループとして、一気に話題を集めている。■1stアルバムはよりストレートなスタイルのインダストリアル・メタルを想起させたが、手練れのライヴ・ドラマーが加入することでよりヘヴィロック的なダイナミクスを持つサウンドへ発展。ジェイコブもスクリームのみならずメロディックなヴォーカルを聴かせており、バンド・スタイルの拡張振りが際立っている。■日本盤のみペットブリック(イゴール・カヴァレラ/セパルトゥラ他)やビル・グールド(フェイス・ノー・モア)が手掛けたリミックスなどボーナス・トラック4曲収録。 Track list: 01. Fang Tooth Claw02. Ascend the Spine03. Calcified Youth04. Debris...
「ウルトラポップ」 CD (2021)  カオティック・ハードコア/マスコア・サウンドの説得力と、アッパーな巻き込み力が共存。USオルタナ・シーンに驚きと笑いを呼ぶ匿名バンドの本領が発揮された最新作!■デトロイトを拠点に匿名性を保ったメンバー編成で活動。往年のカオティック・ハードコア/マスコア・サウンドを踏襲しながら、徹底的にポップな音楽性で知られるTHE ARMEDの最新作が到着!■2009年結成、カオティック・ハードコア・マナーを基調としながら、シンセ/エレクトロニクスのレイヤーを上乗せ。あざといまでのポップさをまとった音楽性に加え、デビュー・アルバムから全曲無料配布する破天荒振りで話題を呼ぶ。全ての音楽監督として招かれたのはKurt Ballou (CONVERGE / Godcity)。ミキシングなどの技術的な面でのサポートは勿論、各作品ごとに口八丁でChris Pennie (THE DILLINGER ESCAPE PLAN)、Nick Yacyshyn (SUMAC)、Ben Koller (CONVERGE)といったスーパー・ドラマーを呼び込むプロデューサー的な手腕を見せ、サウンドの説得力を後押しした。ミュージック・ビデオでのコスプレ的な佇まいや、どこまで本気か冗談か分からないアッパーなイメージで、Pitchfork他US主要メディアで話題を呼ぶなど、露出の大きさでも知られる。■いわゆるCDリリースは初(!?)となる本作では、これまでのカオティックなサウンド・イメージとヴィジュアル・イメージがさらに高次元で露出。そこに共鳴したTroy Van...
「ドリーム・ウェポン」CD (2021)  ‘サイバーグラインド’と称されたエクストリーム/エレクトロニック・トリオ Nick Yacyshyn (SUMAC/BAPTISTS)をライヴ・ドラマーとして迎え復活!■ニューヨーク/ブルックリンを拠点に、メタル/ハードコアとエレクトロニック/アンビエント・ミュージックを融合させた特徴的なスタイルで知られるGENGHIS TRON。‘サイバーグラインド’と称され支持された彼らが久々に復活する。■2000年代初頭に結成、当初からエクストリーム・ミュージックとエレクトロニック・ミュージックを融合するスタイルで活動、THE DILLINGER ESCAPE PLAN等とのツアーを経てKurt Ballou (CONVERGE)と共に制作し、Greg Puciato (DEP)がゲスト参加した2ndアルバム『Board Up The House』(2008)は地元紙New York Times他で年間ベスト作に選ばれるなど大きな反響を呼んだものの、メンバーの事情で活動を止めていた。■2020年8月に突如復活を宣言、再びKurtと共にアルバムを制作していることを明かす。それまでドラム・マシーンを活用する3人編成だったが、本作より剛腕ドラマーNick...
「ヴァイオレンス・アンイマジンド」CD (2021)  アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、15作目となる最新作をリリース!1988年結成。数多のメンバー・チェンジを経ながらも、これまで一度も活動を止めることなく自身のスタイルを貫き通しリフを刻み続ける偉大なバンドが、2018年に再び大きなアクシデントに見舞われる。スレイヤーのツアーへの参加を発表した翌日にギタリストのパット・オブライエンが逮捕され以降の活動が危ぶまれた。バンドはかつて過去作のプロデュースにも関わった旧友エリック・ルータン(ヘイト・エターナル/元モービッド・エンジェル)をサポート・ギタリストに迎え難局を乗り切った。本作はそのエリックを正式メンバーとして迎え、心機一転で制作。「作曲アプローチは変わらない。最もヘヴィ且つ記憶に残るものを書き、1曲ごとに異なるキャラクターを持たせたい。これまでとの最大の違いはエリックの存在だ。彼は一気に3曲も書き上げたんだから」とメンバー自身が語る通り、リフ/サウンドとデス・ヴォイスの強度は従来のデス・メタル・スタイルを踏襲しつつ、更新している。 Track list: 01. Murderous Rampage02. Necrogenic Resurrection03. Inhumane Harvest04. Condemnation Contagion05. Surround, Kill, Devour06. Ritual...
ア・ヒストリー・オブ・ノウマディック・ビヘイヴィア CD (2021)  7年振りに最新作をリリース! ■前作制作直後にドラマーのジョーイ・ラケイズが急逝、2018年にリード・ギタリストのブライアン・パットンが脱退し現行4人編成で活動を続けていたが、遂にこの来日時のメンバーでアルバムを制作。ジミー・バウアー(G: ダウン/スーパージョイント・リチュアル/クロウバーでもプレイ)のリフ師としての腕は冴え渡り、文字通り死の淵から戻ってきたマイク・ウィリアムズの咆哮は、むしろ長いキャリアでの最高位を感じさせる。■本作はバンドの本拠地ルイジアナ州ニューオーリンズにて、ザウやハイ・オン・ファイヤーの仕事で知られるジェイムズ・ウィテンと共にレコーディング。プロダクションでサンフォード・パーカー(ヴォイヴォド/ペリカンetc)の協力も仰いでいる。■全世界に先駆け日本先行発売。日本盤のみボーナス・トラック2曲収録。 Track list:  01.Built Beneath The Lies 02.The Outer Banks 03.Fake What's Yours 04.Three Black Eyes05.Current Situation06.High Risk...
コンフェデラシー・オブ・ルーインド・ライヴズ CD (2021)  最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■2000年リリースの4thアルバム。これまでの陰惨で狂気に溢れたスタイルからブルース/サザンロック/往年のヘヴィロック的なテイストへ大幅に舵を切った作品。かつてよりもブラック・サバス影響下のアプローチが目立つ中、マイク・ウィリアムズのヴォーカルが変わらぬEHG節を聴かせるあたり、全体のバランスも絶妙。US南部出自を色濃く感じさせる味わい深い円熟作。本作をもって待望の初来日公演を含む大規模ワールド・ツアーを敢行、以降一時的に沈黙する。 Track list:  01.Revelation / Revolution 02.Blood Money 03.Jack Ass In The Will Of God 04.Self Medication Blues05.The Concussion...
ドープシック CD (2021)  最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■1996年リリースの3rdアルバム。名手ビリー・アンダーソンをプロデューサーに迎えて音と声の殺傷力をさらに生々しく研ぎ澄まし、混沌と渦を巻く激情の奔流をとめどなく野蛮に豪快に轟かせた超名作。スタジオ内で冒頭のガラス瓶を割る音を録る際にマイク・ウィリアムズが手をざっくり切り大量出血するなど、狂気のエピソードも多い1枚。本作リリース後にホワイト・ゾンビ/パンテラのツアーに抜擢され同行、いよいよその名をメジャー・フィールドにまで轟かせることになった。■日本初CD化、ボーナス・トラック3曲収録。 Track list:  01.My Name Is God (I Hate You) 02.Dogs Holy Life 03.Masters Of Legalized Confusion 04.Dixie Whiskey05.Ruptured...
¥2,000

CD (2021) Release date: 2021/10/20 Reissue of their 6th album released in 1995. Track list:1.From...

¥2,000

CD (2021) Reissue of their 2nd album released in 1985. Including 4 bonus tracks. Track list:1.Tra...

¥2,000

CD (2021) Reissue of their 1st album released in 1984. Including 4 bonus tracks. Track list:1.Bur...

¥2,000

CD (2021) Reissue of their 2nd album released in 1988.  Track list:1.No Place For Disgrace2.Dream...

¥2,000

CD (2021) Reissue of their 1st album released in 1986.  Track list:1.Hammerhead2.Iron Tears3.Dese...

¥3,000

「ガーデン・オブ・バーニング・アパリションズ」2xCD (2021)  Release date: 2021/10/6 エクストリーム・ミュージックとしては破格の成功を収めるグラインド...

¥2,000

「アニモシティ」CD (2021) Release date: 2021/10/6 ■元祖クロスオーヴァー/スラッシュ・バンドのひとつ、コロージョン・オブ・コンフォーミティ(C.O.C.)の初期...

¥2,500

「エクリプス」CD (2021) Release date; September 22nd. 切なさと激しさが背中合わせで共存する、攻撃的且つ繊細でメロディアスな作風ピアノ+ヴォーカル/ベース...

¥2,000

「ウォー・アンド・ペイン」CD (2021) カナダが誇るメタル・バンド: ヴォイヴォドの原点!パンク/ハードコア寄りのサウンドが異形感をもたらしたデビュー作!■1982年カナダのフランス語圏...

¥2,000

「テクノクラシー」CD (2021) Release date: 2021/9/22 クロスオーヴァー/スラッシュ最初期の名作!トリオ編成時の音源を追加収録、バンドの転換期の始まりを生々しく切り...

¥2,000

「ジ・アメリカン・ウェイ」CD (2021)スラッシュ・メタル第2世代を代表するバンド全ての面で前作を凌駕、シーンでの地位を完全確立したセカンド・アルバム!■スラッシュ・メタル第2世代を代表する...

¥2,000

「サーフ・ニカラグア」CD (2021) スラッシュ・メタル第2世代を代表するバンドポリティカルな姿勢を強めつつエンターテインメント性を高めた企画盤■スラッシュ・メタル第2世代を代表するセイクレ...

¥2,000

「イグノランス」CD (2021) スラッシュ・メタル第2世代を代表するバンド驚異のクオリティで第1世代を猛追し始めたデビュー・アルバム!■スラッシュ・メタル第2世代を代表するセイクレッド・ライ...

¥1,800

CD (1996) Guitar: Kimijima, Drums: Taguchi, Vocal: Hasegawa, Bass: Uchiyama1.quick-buck, quick-fi...

¥2,500

CD (2021) Track list: 1. Mountain Magick 2. Spirit Of Lightning 3. Through Eternal Fields 4. Pri...

¥2,700

CD (2021)  Track list: 1.Shellstar2.In Blur3.Great Mass Of Color4.Neptune Raining Diamonds5.Lamen...

¥2,000

「ビターネス」CD (2021)  北欧系デスラッシュのオリジネイターのひとつスラッシュ的要素よりもメロディに更に比重を置き、メロ・デスの先駆けにもなった2nd作!■1989年ストッ...

¥2,000

CD (2021)  北欧系デスラッシュのオリジネイターのひとつメロディとグルーヴィなテイストも盛り込み独自のスタイルを確立した1st作!■1989年ストックホルムにて結成、スウェー...

¥2,000

「レデンプション」CD (2021) 頑固なまでに己のデス・メタルとブルータルさを追求した2nd作、日本初CD化! ■1989年結成、スウェーデンのデス・メタル・シーンに登場したバン...

¥2,000

「レイプト・イン・ゼア・オウン・ブラッド」CD (2021)  スウェーデン発ブルータル・デス・メタルの超ベテラン・バンド結成から長い期間を掛けて熟成した曲のみを収録した1st作、日本...

¥2,000

「マン・オブ・ストロー」CD (2021) 本作は1989年発売の2ndアルバム。ギターに顕著なサウンド・プロダクション面の向上で進化を伺わせた。ベイエリアを中心とするUS西海岸スラッシュ・メタ...

¥2,000

「ドゥ・オア・ダイ」CD (2021) わずか4年の活動期間中に伝説を残したLA出身のピュア・スラッシュ・メタル・バンドとにかく速くリフを叩きつけるDARK ANGEL直系スタイルの1st作、日...

¥2,100

「アタヴィスティック・ブラック・ディスオーダー / コマンド」CD (2021) 音楽映画『ロード・オブ・カオス』公開中!ブラック・メタル界の魔王による、新曲+パンク/ハードコア・カヴァー収録の...

¥3,500

「エンジェル・ウイングズ + アイスバーン・スプリット/エヴリシング・レフト」2xCD (2021) 発売日:7/7 90'sポスト・ハードコア黎明期の貴重音源発掘!後にSUNN O)))へとつ...

¥3,500

「ベア・キャッチング・フィッシュ + ノヴォケイン/アストロノート」2xCD (2021) 発売日:7/7 90'sポスト・ハードコア黎明期の貴重音源発掘!後にSUNN O)))へとつながってい...

¥2,500

「デ・ドアン」CD (2021)  ヨーロピアン・ポストメタルの最高峰!漆黒に彩られた4年振りの最新アルバム!これまでに『Mass』と題した6連作をフル・アルバムとしてリリース。4年振...

¥2,500

「マイグレイション」CD (2021) UKポストメタルの雄、5年振りの2ndアルバム!CULT OF LUNAのVo、ENDONから宮部幸宜/愛甲太郎/那倉悦生が参加! NEUROSISやIS...

¥2,500

CD (2021)  ■東京と埼玉を中心に活動するヒップホップグループSQUASH SQUADのメンバーとして広く名を知られるVITO FOCCACIO。■今作は時代の流れを取り込み...

¥2,000

「ロウジング」CD (2021)  本作は1997年発売の4thアルバム。ツーバス/ツイン・リード成分を大幅に増した前作で自身のデス・メタルそのものを拡張することに成功したが、本作で...

¥2,000

「リパルシヴ・コンセプション」CD (2021)  本作は1995年発売の3rdアルバム。ツーバスを大幅に導入することでリズムの多彩さに磨きが掛かり、ブルータルさはそのままにより複雑...

¥2,000

「ザ・バウルズ・オブ・リパグナンス」CD (2021)  本作は1993年発売の2ndアルバム。前作よりもブラスト・ビートを多用、ロウ且つプリミティヴな方向性に向かいながらテクニカルさ...

¥2,000

「ゴア・オブセスト」CD (2021)  本作は2002年発売の8thアルバム。前作から3年とこれまでにないインターバルを取り、超大物プロデューサー: ニール・カーノンの起用が大きな...

¥2,000

「ブラッドサースト」CD (2021)  本作は1999年発売の7thアルバム。前作からパット・オブライエン(G)が加入、ラインナップとして安定期に入ったことと名匠コリン・リチャードソ...

¥2,000

「ギャラリー・オブ・スーサイド」CD (2021) 本作は1998年発売の6thアルバム。ギタリストとしてパット・オブライエン(元ネヴァーモア)が加入し、続いていたメンバー・チェンジが一旦落...

¥2,500

「アロウズ」CD (2021) 今や非メジャー系のストーナー/ヘヴィロック・バンドとしてはトップ・クラスの人気万全を期したRED FANGの最新作は、2021年を象徴するアンセム満載アルバム! ...

¥2,500

「ルーミナス・ロット」CD (2021)  5/19発売 ■ドローン/ドゥーム界の巨匠デュオNADJAが最新スタジオ・アルバムをリリース!■2005年結成、アンビエント・ドゥーム/ドリ...

¥2,000

「ゾウズ・ワンス・ロイヤル」CD (2021) 5/19発売 ■言わずと知れたUKデス・メタル界の重鎮ボルト・スロワー、後期アルバムを再発!■1986年結成。1stアルバム『In Battle ...

¥2,000

「マーセナリィ」CD (2021)  5/19発売  ■言わずと知れたUKデス・メタル界の重鎮ボルト・スロワー、後期アルバムを再発!■1986年結成。1stアルバム『In B...

¥2,000

「ヴァイル」CD (2021)  USデス・メタルの重鎮、最新作リリース記念で初期作を再発!2代目シンガー: ジョージ"コープスグラインダー"フィッシャー初参加作品! アメリカン・デ...

¥2,000

「ザ・ブリーディング」CD (2021)  アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を再発!本作は19...

¥2,000

「イートゥン・バック・トゥ・ライフ」CD (2021)  ■アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、最新作『ヴァイオレンス・アンイマジンド』リリースを記念して、初期作を...

¥2,500

CD (2021)  シェーン・エンバリー(ナパーム・デス他)が主導する伝説のインダストリアル・バンド メガデス/コンヴァージのメンバーと共に、時を経て新形態で始動!!■エクストリーム...

¥2,500

「ウルトラポップ」 CD (2021)  カオティック・ハードコア/マスコア・サウンドの説得力と、アッパーな巻き込み力が共存。USオルタナ・シーンに驚きと笑いを呼ぶ匿名バンドの本領が...

¥2,500

「ドリーム・ウェポン」CD (2021)  ‘サイバーグラインド’と称されたエクストリーム/エレクトロニック・トリオ Nick Yacyshyn (SUMAC/BAPTISTS)をラ...

¥2,500

「ヴァイオレンス・アンイマジンド」CD (2021)  アメリカン・デス・メタル界の重鎮カンニバル・コープス、15作目となる最新作をリリース!1988年結成。数多のメンバー・チェンジ...

¥2,500

ア・ヒストリー・オブ・ノウマディック・ビヘイヴィア CD (2021)  7年振りに最新作をリリース! ■前作制作直後にドラマーのジョーイ・ラケイズが急逝、2018年にリード・ギタリス...

¥2,500

コンフェデラシー・オブ・ルーインド・ライヴズ CD (2021)  最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■2000年リリースの4thアルバム。これまで...

¥2,500

ドープシック CD (2021)  最新作リリースのタイミングで、初期4作品を日本盤として正式リリース!■1996年リリースの3rdアルバム。名手ビリー・アンダーソンをプロデューサーに...

Spinner