CD

CD (2016) デフヘヴンを手掛けたことで一気にブレイクしたエンジニア: ジャック・シャーリーが前作に引き続きレコーディングを担当。空間を上手く 生かし、息遣いまで聴こえるような生々しい音を捕えながら音圧をグッと上げたプロダクションは、ロマ・プリエータの音楽性に抜群にマッ チしている。日本盤のみボーナス・トラック収録、歌詞・対訳付。Track list: 1. Love2. Black Square 3. Roadside Cross 4. Net Gain 5. More...
CD We got additional 50 copies of "boris -performing flood- CD" which had sold out quickly last time....
CD (2015)  Including a Japan only bonus track.2015/12/2   Stock status A: In stock. Usually leaves our store...
2xCD (2015) Including a Japan-only bonus disc.tracklist:DISC ONE1. Kannon 12. Kannon 23. Kannon 3DISC TWO (JAPAN EXCLUSIVE BONUS DISC)1....
CD (2015)  ■NEPENTHESは元CHURCH OF MISERYのメンバーをはじめ、MARBLE SHEEP/狂うクルー/INSIDE CHARMER/FLOATERS在籍の手練れミュージシャンによるスーパー・グループ的位置付けのバンドだ。2012年の結成以来都内を中心におびただしい数のライヴを行う中、豪快且つ圧倒的なパフォーマンスで存在感を示してきた。見ているうちに無意識で頭を振り拳を突き上げ、次から次へと酒を呑み干してしまうライヴは中毒性が高い。バンド独特の'巻き込み力'と場の一体感は既に他では得難いレベルにある。■2013年発表した唯一の単独音源であるデモCD-Rは即完売を記録。以降はひたすら曲を書きライヴをやり続けていただけに、早くからプロパー音源リリースが待たれていた。本作には既にライヴに於いてクラシックとなった曲を収録。プロデュースと録音はETERNAL ELYSIUMの岡崎氏が担当、氏が運営する名古屋の聖地Studio Zenにて行われた。■端的にいえばそのものズバリのへヴィロックを体現するNEPENTHES。だがサウンドの実態はドゥームやストーナーといったサブ・カテゴリーにはなく、アップデイトにアップデイトを重ねた'普遍的なロック'というのがより相応しい。へヴィなユニゾン・リフと絡みまくるツイン・リードで曲を牽引するギター、グルーヴと表現するにはあまりにシャープに突進するドラム、レコーディング直前のベーシストの交代で手に入れたドッシリ感は強固かつしなやかだ。そして雄叫びを超えバンドの音像を引き締めるNEGISHIのヴォーカルは以前からの定評を軽々と上書きする頼もしさで、その佇まいは額面通りワールド・クラスだ。■ベストのタイミングを待ち続けたNEPENTHESが放つフル・アルバム。ここまで長かったか短かったかはさておき、ここから先への加速度はこれまでを上回る。tracklist:1. sorrow2. cease -弑-3. fool's gold4. 相剋5. OUT in this...
CD (2015)  ■衝撃のデビュー作『ヘヴィ・ブリージング』(2010)、暗黒の2ndアルバム『センテンスド・トゥ・ライフ』(2012)がアンダーグラウンド・シーンで大きなプロップを呼び、2012年には日本ツアーも慣行し限度知らずのドス黒さを見せつけたシアトル出身ダーク・ハードコア・バンド、ブラック・ブレスの最新作が完成!■メタルともハードコアともつかない爆走型のサウンドが溢れるこれまでの路線を踏襲。初期エントゥームドを想起させるスタイルは健在で、本作ではさらにメタリック/デス・メタル的要素が増加、よりリフに比重を置きつつ全体的に長尺になった楽曲からは抒情性も感じられる。■これまで同様三度カート・バルー(コンヴァージ)をエンジニアに迎え、ゴッド・シティ・スタジオにてレコーディング。ロック・バンドの骨格を捕えることに長けたカートのプロダクションと、今や超人気マスタリング・エンジニアとなったブラッド・ボートライト(フロム・アッシズ・ライズ、ワールド・バーンズ・トゥ・デス他)の相性は抜群、何重もの意味で超攻撃な仕上がりだ。Tracklist:1. Pleasure, Pain, Disease 2. Slaves Beyond Death 3. Reaping Flesh4. Seed Of Cain 5. Arc...
CD (2014) Tabata Mitsuru - electric guitar, guitar synthesizer,bass Fujikake Masataka - drums,synthesizer Kimura Masaya - tenor & soprano saxophone Komori Keiko...
エンドン / ボディーズ CD (2015) ■昨年9月に発表した1stフル・アルバム『MAMA』は日本のアンダーグラウンド/ノイズ/エクストリーム・ミュージック・シーンに於ける金字塔だ。プロデューサーにAtsuo(Boris)氏、エンジニアに中村宗一郎(ピース・ミュージック)氏を起用した本作と以降一連のライヴで、ENDONは文字通り自身のスタイルと揺るぎない立ち位置を確立した。その余波は海外まで及び、『MAMA』ヴァイナル・ヴァージョンをもってのワールドワイド・リリースも決定している。■それと並行し、『MAMA』収録楽曲を先鋭音響家が再構築/リミックスするシリーズ企画『BODIES』も進行していた。限定12EPアナログ盤をフォーマットに、3タイトルで計6組のアーティストが'らしい'解釈でENDON潜在の暴虐さと緻密さを浮き彫りにするコンセプト。本作『BODIES CD』はそのシリーズで発表されたものを中心に、別テイク/新録作を加えた作品。アナログ盤では各面ごとに単体としての色を強調したものだったが、本作は1枚の作品としてのトータル性が最優先された。■前半はメタリックにロウ・エンドを強調した音圧でENDONの持つ暗黒面を強調。後半は唯一無二の独自解釈が現代版ノー・ウェイヴ的に響くノイズを構築する。相反すると思われがちな両局面が違和感無く共存し、再構築作ながらオリジナル・アルバムとミックスCDの間を行くような独特な仕上がり。■凶暴なノイズを放つENDONと現代日本を代表するミュージシャン/プロデューサーの合作は、広く世界的に見ても事件性が高い。無意味な音楽をBODIES(死体)に変えるプロジェクトの第1期がここに完成を見る。Artists:Endon (new song)Narasaki (Coaltar Of The Deepers, Tokusatsu, produces Baby Metal etc)Justin K.Broadrick (Godflesh,...
CD (2015)  ■ピッチフォークや英国ガーディアン紙をはじめとした海外有力メディアが激賞、スワンズやクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジといった名立たるミュージシャン/アーティストから寵愛を受け、直々にツアー・サポートとして指名されるチェルシー・ウルフが2年振りの最新作をリリースする。■ゴシックな世界観を強調しながらも、曲としてのキャラクターはたとえ装飾を削ぎ落としたアコースティック・スタイルで演奏しても揺るがない魅力を放つ。また彼女のキャラクターをそのまま反映させたドレスやアクセサリーを身に付け、数多く発表するアーティスト写真はファッション界でも注目を浴びている。■バンド・メイトで不動のパートナー: ベン・チゾルムと書き上げた11曲は、エレクトロニクス・テイストを大胆に注入した前作『ペイン・イズ・ビューティ』での路線を踏襲しながら、よりダーク且つメタリックな作風を取り入れた野心的且つ風格すら感じさせる内容。ダークさにヴァリエーションをもたらしたと言えばいいだろうか?■プロデュースを手掛けたのはジョン・コングルトン。セイント・ヴィンセントを手掛けグラミー賞を受賞したのをはじめ、モデスト・マウス、クラウド・ナッシング、シガー・ロス、クラップ・ユア・ハンズ・アンド・セイ・ヤーという名立たるアーティストを手掛ける才溢れる若きプロデューサー/エンジニア。チェルシー自身の作曲センスとベンのアレンジ力を下支えしながら、細部まで緻密に作り上げた印象だ。加えてゲストとして昨年衝撃の初来日公演で噂以上の実力を見せたロシアン・サークルズからマイク・サリヴァンが参加している。■日本盤のみボーナス・トラック収録。Tracklist:1.Carrion Flowers2.Iron Moon3.Dragged Out4.Maw5.Grey Days6.After The Fall7.Crazy Love8.Simple Death9.Survive10.Color of Blood11.The Abyss12.Carrion Flowers (Demo) (bonus...
CD (2015) デビュー時はメンバー全員が10代だったというノイゼムは、若さを武器に急激な勢いで自らのシュレッド・サウンドに磨きを掛ける。■デビュー作『Agony Defined』も壮絶だったが、本作での成長振りは期待と予想を大きく上回る暴虐振り。デス・メタル/スラッシュ/グラインド/パンクの過激な部分のエッセンスのみを抽出し、よりダークに狂気を突き進めるサウンドは、若さ以上の才能を感じさせる。当初より話題となっていた容赦無いツイン・ギター/リフのシュレッド振りは、本作で更に数ランク上へ突き抜けた。■ザ・ブラック・ダリア・マーダー、トキシック・ホロコースト、スケルトンウィッチ、アイアン・レーガンといった新世代スラッシュ・バンド・ファンに刺さるスタイル。日本盤のみボーナス・トラック:10.CONSUMING (LIVE)11.1132 (LIVE)12.SEVERED (LIVE)13.ROTTEN REMAINS (LIVE)14.SPLIT FROM THE INSIDE OUT (LIVE)15.REPLANT AND REPRESS (LIVE)2015/6/3在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
CDNew Noise Literacy albums are limited to 1000 copies each and are only for sale at the shows...
CDNew Noise Literacy albums are limited to 1000 copies each and are only for sale at the shows...
CDNew Noise Literacy albums are limited to 1000 copies each and are only for sale at the shows...
在庫なし
    「サロメ」 CD (2015)  約3年振りとなる2ndアルバムが到着。■1stアルバムではヘヴィロックの持つダイナミズムとポストロック的リリカルさを携えた母体レッド・スパロウズの面影をより濃く投影していたが、リリース後数回に渡るロシアン・サークルズやボリスとの全米ツアーを経て音楽性を大きく拡張。その成果が表れているのが本作だ。■バンドのメイン・ソング・ライターとして存在感を増す才女エマ・ルース・ランドルをより前面に出した仕上がり。前作では控えめだった彼女のヴォーカルを本作では全曲でフィーチュア、女性特有の柔らかなヴォーカルは、アシッド・フォーク/ネオ・フォーク・リバイバルに通じる豊潤さを持つ。昨年春にリリースした初のソロ・アルバム『Some Heavy Ocean』は一般音楽媒体でも高評価を獲得、ソロ作をリリース後はバズ・オズボーン(メルヴィンズ)直々の指名で彼の全米ソロ・ツアーに同行していた。『サロメ』はこれまでのマリッジズとエマのソロ作の良い部分をハイブリッドとして産み落とした感がある。■ここ数年サブ・ポップやマタドールに続く'信頼出来るレーベル'として着実に名を上げているサージェント・ハウスの2015年プライオリティ・アーティスト。音楽的なジャンルにとらわれず、マネージメント/レーベル一体型のビジネス展開を堅実に行い、所属のロシアン・サークルズ、チェルシー・ウルフ、デフヘヴンを次々にブレイクさせた手腕は特筆すべきものがある。そのサージェント・ハウスのプライオリティということで、既に注目度も高い。■全世界同時発売、日本盤のみボーナス・トラック "Haze of Slate"収録。2015/04/08 完売しました。
    CD (2015)  日本盤のみザ・ソフト・ピンク・トゥルースによるリミックス・テイクをボーナス・トラックとして収録。何故かブラック・メタルに入れ込むドリュー・ダニエル(マトモス)がブラック・メタル・アプローチを採る際のオルター・エゴとして知られるザ・ソフト・ピンク・トゥルースとリタジーの組み合わせは当然且つ必然だ。2015/4/8在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
    CD (2015) 日本盤のみボーナス・トラック収録。 Tracklist: BogMe+JdPsychic WedlockHypnoticTrip WireI Don’t Know YouCold Black AfternoonThe Rhythm’s Of InsanityDead CowboyBeautiful DisasterRepriseAre You Ready...
    在庫なし
      CD (2012)  Including a Japan-only bonus track "Pyramids".Sold out. (2017/6/5)
      CD (2009) Keiji Haino (vocal, guitar, kantele, shawm) Masataka Fujikake (Drums) 灰野敬二と藤掛正隆によるデュオのライブ音源第1弾。2004年にスタートした灰野敬二と藤掛正隆のライブは、横浜や東京でほぼ3ヶ月に1度のペースで行われてきた。毎回強固で鋼のような意思を持ってお互いに対峙するパフォーマンスは、強烈なエネルギーを発散し、場というものを完全に支配するものであり、当然ながらその内容は毎回完全に異なる。第1弾としてリリースされる今作は2005年に横浜で収録され、ほぼ3年を費やして吟味された怒濤のライブ。真の意味でのインプロヴィゼーションで体現され、動と静、轟と寂がまさに交錯する途方もなく力強い作品。2009/2/11 在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
      2xCD (2010) YAMAMOTO SEIICHI guitar  HAYAKAWA TAKEHARU b  MASATAKA FUJIKAKE ds  KATSUI YUJI violin  TZBOGUCHI MASAYASU keyboard  KATAYAMA HIROAKI...
      CD (2015) ボーナストラック "Radiance II"収録。2015/2/18在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
      CD (2015)  Including a Japan-only bonus track tracklist: 1.Enemigo 2.Guerrilla 3.Invierno 4.Pausa 5.En Paz Descanse 6.Tierra Y Libertad 7.Si Dios Quiere 8.El Vacio?9.Bright Sun* (bonus track)2015/1/21Stock status...
      CD (2014)  2014年6月6日、新代田FEVERにて開催されたEARTH JAPAN TOUR最終日にRolloが参加。その模様をAtsuo (Boris)によるミックスとプロデュースによってノーカットライブ盤としてリリース。2014/12/20在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
      フル・オブ・ヘル & メルツバウ 2CD (2014)  US東海岸から地下激音界を統治する戦慄の苛烈グラインダー、最新作はノイズ・マエストロ: MERZBOWとの合体共作!!■毎度暴動寸前レベルでヒートアップする激烈ライヴ、数多くのスプリット音源と2枚のフル・アルバムで、若くしてアンダーグラウンド・シーンのトップに駆け上がった噂のバンド、FULL OF HELL(FoH)が日本上陸! 本作は何と日本が誇るノイズ・マエストロ:MERZBOWとの合体共作、2枚組という過剰ヴォリューム!!!■FULL OF HELLはハードコア/グラインド・サウンドを基調としながら、ノイズを導入することでさらなるインテンスさを追求してきたバンド。人間離れした超絶パワー・ドラマーを中心に放つグラインド・サウンドは文字通り過激の一言、ネット上で観られるライヴ映像は凄まじいを超えて唖然とするしかない。とはいえムチャクチャに駆け回るだけにあらず、リフと曲の構成がしっかりしているだけに、誤解を恐れずに言えばポップな分かり易さすら漂わせる。■MERZBOWとの共作はFULL OF HELLからの熱心なアプローチで実現した。FoHメンバー自身によるノイズとはまた違い、曲の輪郭を際立たせるMERZBOWの構築美を感じ取れる。ディスク1はFoH色が、ディスク2はMERZBOW色が前面に出た構成だ。■日本盤のみボーナス・トラックとして激烈レア・ライヴ音源を大量追加。映像が無くとも、常にカオスを巻き起こすライヴの片鱗が伺える超危険音源!!日本盤ボーナス・トラック11曲収録。2014/12/3在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
      CD (2014)  オマー・ロドリゲス・ロペス全面プロデュース、ヘンリー・ロリンズ/シャーリー・マンソン(ガービッジ)参加マイク・パットンやメルヴィンズからのプッシュも頷ける、レディース・パンキッシュ/ガレージ・バンド!ライヴでの破天荒さすら霞む、エネルギッシュに仕上げた2ndアルバム!!  ■USオルタナ界のビッグ・ネームがこぞって絶賛するレディース・パンキッシュ/ガレージ・バンド、レ・ブチャレッツが新作で日本デビュー! オマー・ロドリゲス・ロペス(アンテマスク/マーズ・ヴォルタ/アット・ザ・ドライヴ-イン)がクリエイティヴ面で全面サポート、前作に続き本作でもプロデュースを務め、ベースもプレイしている。■メイン・レディ:テリ・ジェンダー・ベンダーはオマーと結成したバンド:ボスニアン・レインボーズでアルバム発表、2012年12月には来日公演も果たしている。ステージ上で突如自らの髪を切りだす、美人なのに時には箒を加えて絶叫する、大量の血をかぶるなど、破天荒で先の読めないライヴはスリリング。あまりの危険度に出身国メキシコではドン引きされ、活動拠点をロサンゼルスに移した。■1stアルバム『Sin Sin Sin』(2011)で聴けたパンキッシュなガレージ・サウンドは本作でも健在。ただしパワフルさは格段にアップしており、ライヴでの鍛錬が伺える。加えて本作にはダークさが加わり、サイケデリックなテイストも増した、どこか怪し気な雰囲気もライヴ・パフォーマンスにフィットしている。■本作にはコラボレイター/ゲストとしてヘンリー・ロリンズ、そしてシャーリー・マンソン(ガービッジ)が参加。パンク界のゴッドファーザーと女性オルタナティヴ・アーティストの象徴が参加している意味は非常に大きい。加えてワールドワイドでのリリースとマネージメントはマイク・パットン(フェイス・ノー・モア他)主宰のイピキャックが担当、メルヴィンズに買われてツアーに同行するなど、オルタナティヴ界隈の大御所に支持されていることからも、バンドの持つポテンシャルと魅力の高さが感じられる。■日本盤のみボーナス・トラック収録。 1.Burn The Scab2.Demon Stuck In Your Eyes3.My Child4.Your Weakness Gives Me...
      ¥2,400
        CD (2014)  劇的な再邂逅/再同盟、衝撃の音源発表、驚愕のライヴ・デビュー。セドリック/オマーによるマーズ・ヴォルタ以降が鮮明になる、アンテマスクの初アルバム。フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)も全面参加!!■セドリックとオマー、やはりこの2人は組まなければならない。あまりにも呆気なく終焉を迎えたマーズ・ヴォルタからお互いに別々の道を進むかと思われたが、2人が劇的な邂逅を果たして今年初頭にアンテマスクは始まった。■音源制作から活動を開始、レコーディングにあたって自らのスタジオを提供したフリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)が全面的に参加、こちらもマーズ・ヴォルタ時代からの旧友で超絶ドラマー:デイヴ・エリッチを迎えアッという間にアルバムを完成。4月に入り告知無しにウェブ先行で音源を発表、非常に大きな話題を呼んだ。8月にはサマーソニックに参加するべく早くも来日。音源よりもさらにロック/サイケデリックなサウンドで、バンドとしての熱量の高さを披露。観る者を一瞬で引きずり込んだ。■本作でのアンテマスクは、実験的である種のプログレッシヴさを聴かせたマーズ・ヴォルタとは打って変わり、ストレートなロックでグイグイと牽引していく。その意味でアンテマスクはアット・ザ・ドライヴ-インに近いとの評が多い。とはいえ衝動でガムシャラに突き進んだそれとは違い、プリミティヴさと熟練が相俟ったサウンドという印象が強い。これこそが2010年代のUSオルタナティヴ・ロックの主軸と呼ぶに相応しい、会心の出来だ。2014/11/19  在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
        CD (2014) 本作『II』は『I』よりも苛烈さを極める長尺の楽曲を収録。元々それぞれのメイン3バンドの中でもとりわけヘヴィロック嗜好が強い3人が集まっていることもあるが、より精神的に責めたてるような実験性と容赦の無さが追及されている。 Track list:1. Burden2. Predators3. A Hideous Nightmare Lies Upon The World4. Arrows To Our Hearts2014/11/5 在庫状況:A...
        CD (2014) ■オールド・マン・グルーム(OMG)とはネイト・ニュートン(コンヴァージ/ドゥームライダーズ)、ケイラブ・スコフィールド(ケイヴ・イン/ゾゾブラ)、アーロン・ターナー(アイシス/マミファー)らによる文字通りのスーパー・グループ。各メンバーの多忙さゆえ神出鬼没振りは今も変わらない。昨年のコンヴァージとの奇跡の来日公演(ネイトにとってはダブル・ヘッダー)に続きここに最新スタジオ作発表、しかも2枚同時発売!!■2012年に発表した『ノー』は一切の事前告知を行わず、ツアー初日にいきなりアナログ盤を発売してファンを驚かせた。良いものを作るのみならず、何かしらのエキサイトメントと驚きを求める彼らが今回打ち出したのが、「2作品同時リリース」というものだ。(とはいえ00年初頭にもアルバム2枚『セミナー II』『セミナー III』を同時に出したこともあるのだが)■本作『I』はよりコンパクト・サイズの楽曲で激ヘヴィさを追求する。とはいえ複雑なリフとリズム・パターンで攻める各曲は多分にテクニカル。結成当初から追及されてきたユーモラスさは前作同様、極限まで抑えられている。■アイシス解散後はアンビエント/ドローンなどで自身のサウンドを追及するアーロン。彼が今現在もヘヴィロック/ハードコアに対する愛情を失わずに注力しているのはこのOMGだけだ。加えてメイン3バンドの色がそれぞれに加えられ、豪快なトリプル・ヴォーカルを擁するOMGは、文字通りのスーパー・グループである。■同時発売: 『ジ・エイプ・オブ・ゴッド II』 DYMC237Track list:1. Eden's Gates2. Promise3. Shoulder Meat4. Fist of Fury5. Simia Dei6....
        2xCD+DVD (2014) A set of "The Ape of God I", "The Ape of God II" and a free new...
        スタトゥ・ナセンディ 2xCD (2014) ■才女フェイス・コロッチャのプロジェクトとして活動開始、現在は彼女の公私共に渡るパートナー: アーロン・ターナー(アイシス、オールド・マン・グルーム他)との編制を基盤とする耽美派アンビエント・デュオ、マミファーのスタジオ録音最新作!■2012年にはアースとのカップリングで初来日、アーロンの豪快さとフェイスの繊細さで見事なダイナミクスを披露、ライヴ・バンドとしても急速に成長していることを証明した。元々はインスト主体の編成だったが、この頃からフェイスのヴォーカルを積極的にフィーチュア。そのシンガーとしての魅力と実力を見せつけることに成功したのが本作だ。■キーボードとギターのミニマルなサウンドが揺らめく中、まるで宗教歌のように凛として通るフェイスのヴォーカルは聴き惚れてしまうほど。ごく簡単に言ってしまえばアイシスの最もミニマルなパートで聴けた、エフェクトを駆使した表情豊かなアーロンのギターも当然聴きどころのひとつ。またフェイスのミュージシャンシップを限りなく引き出すアーロンのプロデュース力も特筆すべき。二人の紡ぐ音はため息が出るほど美しい。■限りなくファイン・アートに近い世界でドローイング/写真/裁縫作品を発表、シンプルながら力強く美しい作風は、音楽シーン以外でも高く評価されている。彼女のデザインによるアートワークはサウンドの美麗さを可視化している。■CDフォーマットでのリリースは日本独占(海外はアナログ盤とデジタル配信のみ)! 日本盤のみこれまで超限定カセットのみに収録されていたレア音源を収録したボーナス・ディスク付の2枚組仕様。DISC ONE1.Caelestis Partus2.Enantiodromia3.Mercy4.Flower Of The FieldDISC TWO (Japan exclusive bonus disc)1.Throes2.Cloey3.Yield2014/11/5在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
        CD (2014) アメリカの狂気を体現する先駆者が帰還。現マストドンのメンバーを輩出したことでも知られるトゥデイ・イズ・ザ・デイ最新作。唯我独尊の揺るぎなさを叩きつける。■首謀者スティーヴ・オースティンにより90年代初頭に結成、ヘルメットなどと同時期にアンフェタミン・レプタイルを拠点に活動、いわゆるジャンク/ノイズ・ロックのバンドとして頭角を現す。97年には激音の名門リラプスへ移籍、何枚かの日本盤もリリースされ、2002年には伝説のBeast Feastに参加するかたちで初来日も果たしている。スティーヴ・オースティンはレコーディング・エンジニア/プロデューサーとしても良く知られ、ラム・オブ・ゴッドやコンヴァージを手掛けたシーンの重鎮だ。■憎悪を増幅させる狂気のサウンドは健在、オルタナティヴ/メタルからノイズ/アヴァンまでをテクニカルかつサイケデリックに撹拌するスタイルには一切のブレが無い。敵意をむき出しにする迫力に思わず後ずさりしてしまう雰囲気も不変。それこそがカルト的に崇拝される所以でもある。■日本盤のみボーナス・トラック(メルヴィンズのカヴァー)収録。tracklist:1.Animal Mother2.Discipline3.Sick Of Your Mouth4.Imperfection5.Law Of The Universe6.Outlaw (acoustic)7.God Crutch8.Divine Reward9.Masada10.Heathen11.Mystic12.The Last Strand13.Outlaw14.Zodiac *日本盤ボーナス・トラック2014/10/15在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
        ¥2,400
          エンドン / ママ CD (2014) ■「こいつらは狂ってる! 腹にくる、幻覚を覚えるサウンドとノイズ、紛うことなき音の死旅行だ」 by Justin K.Broadrick (GODFLESH/JESU/JK FLESH etc)■ENDONはヴォーカル/ギター/ドラム/ノイズx2からなる5人編成。ギター/ドラムの2人によるソリッドな演奏が機軸を成すバンド的なアプローチのため、ある種の入り込み易さを持ち合わせながら、実は危険極まりない音の暴力が全編を貫く。ハードコアやブラック・メタル的意匠をまとうサウンドを引き裂くように、ノイズが音の空間を埋め尽くす。情報量過多の音に触れれば、音楽を聴くという行為そのものがここまで危険なことと認識するケースは、日常生活に於いて無いだろう。■本作制作にあたり、プロデューサーにAtsuo(Boris)、エンジニアに中村宗一郎(ピース・ミュージック)を起用。'ノイズ'の意義と有効性を知り尽くす両者と組むことで、バンドが持つ危険性の純度と濃度は極限まで引き上げられた。明確な方向性を持ったノイズはドラマティックですらある。■海外でも積極的にライヴを行い、Jello Biafra(DEAD KENNEDYS他)やJustin K.Broadrick(GODFLESH他)といった巨匠を唸らせてきた。当初は破壊的なライヴ・パフォーマンスでも話題を呼んできたが、ここ数カ月は危険行為よりも音そのものの'危なさ'で圧倒している。神話と記号まみれの音楽を服従させる、戦略としてのノイズは鋭利に過ぎる。Tracklist: 01.Etude For Lynching By...
          コード・オレンジ / アイ・アム・キング  CD (2014)  ■2008年当時、中高生だったメンバーにより結成。メタリックな雰囲気をまとったストレートなハードコア・サウンドは当初から大きな話題を呼び、ミスフィッツやファックド・アップ、H2O、テラー、ベインら大物のツアーでオープニングを務めることで確実にその名を知らしめてきた。■予測不可能性を身上とするバンドは、セカンド作となる本作で野心的に新機軸を提示する。単にヘヴィというよりも異形のパーカッシヴさで弾くギター、カオスにまみれた楽曲構成からは、未だ熱狂的なハードコア・スタイルでありながら、よりアート性を高めた重さを感じ取れる。■本作リリースに先駆け、バンドはキルスウィッチ・エンゲイジやトゥイッチング・タングズとのツアーを開始、その名を更に広めていく。■日本盤のみボーナス・トラック収録。   tracklist:01.I Am King02.Slowburn03.Dreams In Inertia04.Unclean Spirit05.Alone In A Room06.My World07.Starve08.Your Body...
          アース / プリミティヴ・アンド・デッドリー CD (2014) マーク・ラネガン参加、久々のヴォーカル曲とヘヴィなリフ主体の楽曲で提示する新境地!■巨匠ディラン・カールソンの健康回復振りと比例するかのように切れ味が増したプレイと、バンドの好調振りを余すところなく収録した最新作(通算10作目)がリリースされる。■00年代に入ってからの再始動以降はダークな雰囲気を湛えたアメリカーナ的サウンドで新境地を開き、別ベクトルのヘヴィネスを追求してきたアース。最新作でも再びその道を究めるのかと思いきや、御大はヘヴィロック/ヘヴィ・ドローンのオリジネイターとしての威厳を示す音、ヘヴィなリフを主軸とする楽曲を携えてきた。来日公演でも披露された数曲をはじめとし、いわゆるロック・フォーマットに沿う展開が多く、踏込み易い印象が全編を貫く。■その踏み込み易さは久々にフィーチュアされたヴォーカルによるところも大きい。2曲でヴォーカルを執っているのはマーク・ラネガン(スクリーミング・トゥリーズ、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ)だ。アース結成以前から友人関係にありながら、共作というかたちでは実現していなかったコラボレーションが遂に実現。両者の長きに渡る拠点シアトルの音楽シーンの奥深さを感じさせる。■ヘヴィなリフ主体の楽曲、ヴォーカル入りということでアース活動停止前の最終作『Pentastar』を彷彿とさせると語られているが、過去作の焼き直しには非ず。ディランのDRカールソンアルビオン名義での活動と並行することで新たに見えてきた、アースの新境地が伺える傑作だ。■日本盤のみボーナス・トラック収録。 tracklist:01.Torn By The Fox Of TheCrescent Moon02.There Is A Serpent Coming03.From The Zodiacal Light04.Even...
          2xCD (2014) ■今回プロデューサー/エンジニアに名手ビリー・アンダーソンを迎え、更なるステップアップを見せている。どこか憂いを漂わせるヘヴィロックは健在。前作からさらに大作指向を強くしながらもドラマティックさを演出する構成力とダイナミズムで、年齢には似つかわしくない貫禄すら感じさせる。■半ばハイプ的な見られ方をしながらも、真摯に音楽に向かい合い、長期ツアーで地道に足場を固めてきたバンド。デフヘヴンがポスト・ブラックの急先鋒的存在から急速に巨大化していくプロセスを目の当たりにした2013-14年。US新世代ヘヴィロックに同じことが起きるとしたら、その先頭に位置するのはこのポールベアラーだ。■日本盤のみ貴重音源を収録したボーナス・ディスク付2枚組、特殊デジパック仕様。2014/8/20   在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
          CDR (2009) CDRシリーズ第8弾、アルバム「明日 アルファベットが、消えてしまいますように」よりアウトテイクが登場、12分27秒収録。完全限定販売。灰野敬二 (Guitar, Vocal) 藤掛正隆 (Drums) 2009/3/05在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
          CD (2014) 灰野敬二 (Guitar, Vocal)藤掛正隆 (Drums) 前作「明日 アルファベットが、消えてしまいますように」から5年ぶりとなる灰野敬二と藤掛正隆によるデュオのライブ音源第2弾。 前作のもつ鋼のような力強さを保持しながら、ギターとヴォーカル、ドラムスのみによってよりコアな表現を追求したロック・アルバム。2014/2/11在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
          CD (2014) 参加ミュージシャン:藤掛正隆 Fujikake Masataka – drumsレック Reck – bass栗原道夫 Kurihara Michio – guitar坂本弘道 Sakamoto Hiromichi – cello, electronicsFuzuki...
          2xCD (2014) 映像劇伴音楽から始まった、3人の盟友による現代アヴァン/ドローン/エレクトロニカの粋。全世界で日本のみCD化、完全未発表音源収録のボーナス・ディスク付2枚組仕様。■元々本作は2009年、ベルギー映画『Kairos』のスコアとして制作され始めた。古くからあるベルギーのラジオ局で行ったセッションを基にスコアとして絞り込み、そこから発展させつつ音楽的な部分に比重を置いてさらに作り込んだものだ。音楽ありきではなく、映像/アート・プロジェクト用に劇伴曲を作りながら1枚のアルバムとして音楽を作り込んでいく過程と成り立ちが、同じくスティーヴン・オマリーが敦夫(Boris)らと組んだアンサンブル・パールに通じている。両者の制作時期も近く、対の作品としても楽しむことが可能だ。■ランドールがプロデューサーとしてだけではなく、MMoB同様ミュージシャンとして名を連ねているだけあり、彼の作家性が強く窺われる。シンセを効果的に導入しながら、現代アヴァン/ドローン/エレクトロニカの粋を集めた作風は破壊的なエクストリームさというよりは、構築美を強く感じさせる。■4曲目"Sometimes"では独特なスタイルで高い評価を得るシンガー・ソングライター朝生愛が参加。スティーヴンは自らのレーベルで彼女の最新作をリリース、今年4月にはイギリスでのライヴに出演させるなど、彼女の世界進出に一役買っている。■海外はアナログ盤とデジタル配信のみ、CD化されるのは全世界で日本盤だけ。CDは完全未発表音源を収録したボーナス・ディスク付2枚組、紙ジャケット仕様。2014/7/23在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
          CD (2014) Tracklist:01.Turning Ever Towards The Sun02. Initiation At Neudeg Alm03. Bridge Of Leaves04. Celestite Mirror05. Sleeping Golden Storm2014/7/92021/3/26に完売しました。
          在庫なし
            2xCD (2014) Including Japan-only bonus disc.Tracklist: Disc-11.??????2.Vanilla3.?????4.?5.?????6.Angel7.Quicksilver8.????Disc-21.Bit2.????3.???Revue4.???????2014/6/18Sold out on 2017/8/11.
            ¥2,400
              アイヘイトゴッド CD (2014)  14年振りとなる通算5作目。■バンドの絶対的リーダー: ジミー・バウアーはパンテラのフィル・アンセルモノの右腕として、フィル率いるダウンやスーパージョイント・リチュアルのメンバーとして活動。フィルは本作に於いても自らのレコーディング・スタジオを提供、アメリカでのリリースは自身のレーベルから行うなど、完全にバックアップしている。■2011年初頭にはアルバム制作のプランが立てられ、他のバンドでの活動と並行しながらゆったりとしたペースで作業を行った本作。プロデューサーの変更や昨年のドラマー逝去など幾つもの困難を乗り越えただけに、音の深さと圧迫感、力強さは殺気と気迫に溢れている。従来のスラッジ/サバス・テイスト・リフに加え、何とも形容し難いスピード感を持つ曲も多く、豪快さのヴァリエーションがこれまで以上に多彩だ。■日本盤のみボーナス・トラック"New Orleans Is The New Vietnam"(シングルとは異なる新録ヴァージョン)追加収録! tracklist01.Agitation! Propaganda!02.Trying To Crack The Hard Dollar03.Parish Motel...
              キング・バゾ / ディス・マシーン・キルズ・アーティスツ CD (2014) デビューから30年、一時も立ち止まらず常識破りの活動を続けるメルヴィンズの絶対的リーダー、バズ・オズボーンの初ソロ作、しかも全編アコースティック・スタイル! ■メイン・ストリーム・レベルでの商業的成功からは遠いところにいながらも、一切ブレることのない活動スタンスと存在感でオルタナティヴ・ロック界の裏番長とも目されるメルヴィンズ。彼らの「51日間連続51米国公演(全米50州各都市+首都ワシントンDC)のギネス記録認定」「毎回秒殺を記録するweb通販と会場販売のみの限定アナログ盤シリーズ」「おびただしい数の音源制作」など型破りな活動は、大部分がバンドの絶対的なリーダー:バズ・オズボーンのアイデアによる。そのバズが次に持ちだしてきたのがソロ作、しかも全編アコースティックという前代未聞のものだ。■本作も勿論、トシ・カサイ氏がレコーディングを担当。LA在住、10年以上に渡りバンドとコラボレーションを続けるエンジニア/プロデューサーで、バズが絶大なる信頼を寄せている。カサイ氏が自身で新たに設立したスタジオにて2人でアイデア交換しながらスピーディに作業したそうだ。■アコースティックといいながら、そこは一筋縄でいかないのがバズ。コードを掻き鳴らしながら朗々と歌うフォーキーなスタイルではなく、豪快さとシニカルさがドス黒く渦を巻き、ヘヴィな雰囲気が全編を貫いていく。さながら殆どメルヴィンズの楽曲に近いリフ重視のものをアコースティックでプレイしている印象。実際本作収録楽曲はほぼ全てメルヴィンズで演奏出来ることも検証済だという。■ニルヴァーナをはじめ、数多くのロック/へヴィロック/オルタナティヴ・バンドにインスピレイションを与えてきたバズ。彼の音楽の骨格とアイデアの斬新さを垣間見られる興味深い音源だ。■既に単身でのUSツアーを敢行しており、今夏はこのアルバムをサポートすべく全米を一周する。この活動が次のメルヴィンズにフィードバックされるはず。■豪華紙ジャケット仕様。Tracklist: 1.Dark Brown Teeth2.Rough Democracy3.Laidback Walking4.Drunken Baby5.Vaulting Over A Microphone6.The New River7.The Vulgar Joke8.Everything's Easy For...
              2xCD (2014)  サイケデリックに空気感を変える新世代USメタルの急先鋒。日本盤のみ完全初出音源収録のボーナス・ディスク付2枚組仕様!■ここ数年、商業主義にまみれたシーンから距離を取りながら、独自のスタイルを確立して進化するアメリカのメタル・バンドが次々と産まれている。その新世代USメタルの急先鋒と目され、次のブレイクが確実視されるバンド: ジ・アトラス・モスが日本デビューを飾る。■ジ・アトラス・モスは2007年にシカゴで結成、これまでに2枚のアルバムと数作のスプリットをリリースしながら、急激に評価を高めてきたバンドだ。中心人物のスタヴロス・ギアノプーロスは、USブラック・メタル界のスーパー・グループで、最終作ではあのサーストン・ムーアも参加したトワイライトのメンバーでもある。■トリプル・ギターを擁する編成で、最初期はアイシスやニューロシスに感化されたポスト・メタル的な音だったが、徐々にサイケデリックなテイストを加味。3作目となる本作ではむしろメタル・テイストを極力削ぎ落しながら、70年代サイケ・ロックを想起させる作風に大胆に進化。ドラマティックさに磨きが掛かり、スケール感が増している。そのサウンド・スタイルや急激な成長振りはバロネスなどを想起させる。正に新世代USメタルを牽引する存在に大化けした作品だ。■バンドたっての希望で、日本盤のみ超貴重音源を収録したボーナス・ディスク付2枚組仕様。このボーナス・ディスクには世界的に名高いへヴィロックの祭典、オランダRoadburn Festでの昨年の快演からも全世界初収録。Roadburnでの成功は世界での成功を約束されるもの、その際の模様に触れられるのは意義深い。■アートワークにも意識的なバンドだが、今回は‘水で濡らすと絵柄が変わる’という超特殊仕様のジャケットでリリース。Track list: Disc I:1.Jet Black Passenger2.Collider3.The Sea Beyond4.Halcyon Blvd5.Sacred Vine6.The Old Believer7.City Of Light8.Wynona9.Hesperian10.Blood...
              CD (2014)  グランジ/ニルヴァーナからヘヴィ・ドローン/サン O)))を結ぶミッシング・リンク、アースの巨匠、ディラン・カールソンのソロ作。CDリリースは全世界で日本のみ。■近年のアメリカーナに通じるアコースティック・テイストも取り入れた漆黒のサウンドが高く評価され、畏敬の念をもって語られるバンド:アースのメイン・マン、ディラン・カールソンがソロ作をリリースする。■本作は、第64回ベルリン国際映画祭でプレミア上映された、同名西部劇/映画(ドイツ)のサウンドトラックとして制作したアルバム。文字通り19世紀のアメリカ風景を想起させる、映像喚起型の音楽だ。■ソロ作とはいえ、アースのエイドリアン・デイヴィス(Ds)のサポートを受け2人で作り上げたもの。バンド・サウンドから距離を置いているだけで、トータルな方向性はアースでのそれと合致する。ふっくらとたゆたう音、爪弾かれるギターのドローン・ノート。ゆったりとしながらもどこか鋭く濃い影を帯びた巨匠の独創さは、交流のあるビル・フリゼールにも通じる。ギター・プレイヤーとしてのディランの魅力を余すところなく堪能出来る1枚だ。2014/6/4在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)
              CD (2014)  Including two Japan-only bonus tracks.Tracklist: 1.Ringer2.Dogbite3.Playing With Fire4.Decline & Fall5.bonus track #16.bonus track #22014/6/4Sold out on...
              フロア / オブレイション CD (2014)  ■1992年に結成、ヘヴィロックとハードコアを融合させつつ独特のポップ・フィーリングを持ったサウンドで、アンダーグラウンド・シーンの伝説になったフロアの再結成第1弾アルバム!■存命時は大量のシングル/スプリット作をリリース、フル・アルバムとしては1枚しか残していないものの、後のヘヴィロック界に大きな影響を与えた存在。解散後メイン・ソングライターのスティーヴ・ブルックスは'ストーナー・ポップ・バンド'トーチを結成、マストドン/コンヴァージや日本のボリスといったバンドとのフックアップでシーンの重鎮に登りつめていく。数多くのラヴ・コールに応えるかたちでフロアは2010年に再結成、8CD/10LPの音源完全網羅ボックスをあっという間に完売させ、ツアーも大好評を呼んでいた。その勢いをもって制作していたのが再結成後初の、通算2枚目の本作だ。■曲のストラクチャーは全盛期のまま、サウンド・プロダクションを現代的にしたブ厚いサウンドは正に圧巻。プロデューサー/エンジニアとして更に評価を高める名手カート・バルー(コンヴァージ)がミキシングを、モーターヘッドやディリンジャー・エスケイプ・プランをはじめ、ヘヴィロック/メタル系を幅広く手掛けるアラン・デューシュがマスタリングを手掛けており、このフィールドでの最前線の音を聴かせる。■日本盤のみボーナス・トラック収録Including a Japan-only bonus track.Track list:1.Oblation2.Rocinante3.Trick Scene4.Find Away5.The Key6.New Man7.Sister Sophia8.The Quill9.Love Comes...
              在庫なし
                3xCDdisc 1: Volume Four "Evil Stack Live"-Heavy Friends-Korosu-Ibitsu-Death Valley-???-???-??????-Dyna-Soar-1970disc 2: Volume Five "Pink Days"-???????-PINK-???????-????????-Ibitsu-Electric-A Bao A Qu-?????????-??????-????????-??disc 3:...
                在庫なし
                  3xCD (2014) Remastered "Archive volume One-Three" released in 2005.disc 1: Volume One "Live 96-98"-Huge-In Hush-Soul Search You Sleep-Vacuuum-Mosquito-Mass Mercury-Scar...
                  ¥2,400

                  CD (2016) デフヘヴンを手掛けたことで一気にブレイクしたエンジニア: ジャック・シャーリーが前作に引き続きレコーディングを担当。空間を上手く 生かし、息遣いまで聴こえるような生...

                  ¥2,400

                  CD (2015)  Including a Japan only bonus track.2015/12/2   Stock status A: In stock. Usually leave...

                  ¥3,300

                  2xCD (2015) Including a Japan-only bonus disc.tracklist:DISC ONE1. Kannon 12. Kannon 23. Kannon 3...

                  ¥2,400

                  CD (2015)  ■NEPENTHESは元CHURCH OF MISERYのメンバーをはじめ、MARBLE SHEEP/狂うクルー/INSIDE CHARMER/FLOATERS在...

                  ¥2,400

                  CD (2015)  ■衝撃のデビュー作『ヘヴィ・ブリージング』(2010)、暗黒の2ndアルバム『センテンスド・トゥ・ライフ』(2012)がアンダーグラウンド・シーンで大きなプロップ...

                  ¥2,400

                  エンドン / ボディーズ CD (2015) ■昨年9月に発表した1stフル・アルバム『MAMA』は日本のアンダーグラウンド/ノイズ/エクストリーム・ミュージック・シーンに於...

                  ¥2,600

                  CD (2015)  ■ピッチフォークや英国ガーディアン紙をはじめとした海外有力メディアが激賞、スワンズやクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジといった名立たるミュージシャン/アーティ...

                  ¥2,400

                  CD (2015) デビュー時はメンバー全員が10代だったというノイゼムは、若さを武器に急激な勢いで自らのシュレッド・サウンドに磨きを掛ける。■デビュー作『Agony Defined』...

                  ¥1,980

                  CDNew Noise Literacy albums are limited to 1000 copies each and are only for sale at the shows an...

                  ¥1,980

                  CDNew Noise Literacy albums are limited to 1000 copies each and are only for sale at the shows an...

                  ¥1,980

                  CDNew Noise Literacy albums are limited to 1000 copies each and are only for sale at the shows an...

                  ¥2,400

                  CD (2015)  日本盤のみザ・ソフト・ピンク・トゥルースによるリミックス・テイクをボーナス・トラックとして収録。何故かブラック・メタルに入れ込むドリュー・ダニエル(マトモス)がブ...

                  ¥2,400

                  CD (2015) 日本盤のみボーナス・トラック収録。 Tracklist: BogMe+JdPsychic WedlockHypnoticTrip WireI Don’t Know ...

                  ¥2,300

                  CD (2009) Keiji Haino (vocal, guitar, kantele, shawm) Masataka Fujikake (Drums) 灰野...

                  ¥3,240

                  2xCD (2010) YAMAMOTO SEIICHI guitar  HAYAKAWA TAKEHARU b  MASATAKA FUJIKAKE ds  KATSUI YUJI violi...

                  ¥2,400

                  CD (2015) ボーナストラック "Radiance II"収録。2015/2/18在庫状況:A (事務所内に在庫あり、実働3日以内に発送予定。)

                  ¥2,400

                  CD (2015)  Including a Japan-only bonus track tracklist: 1.Enemigo 2.Guerrilla 3.Invierno 4.Pausa...

                  ¥1,500

                  CD (2014)  2014年6月6日、新代田FEVERにて開催されたEARTH JAPAN TOUR最終日にRolloが参加。その模様をAtsuo (Boris)によるミックスとプ...

                  ¥2,800

                  フル・オブ・ヘル & メルツバウ 2CD (2014)  US東海岸から地下激音界を統治する戦慄の苛烈グラインダー、最新作はノイズ・マエストロ: MERZBOWとの合体共作!!■毎度暴...

                  ¥2,400

                  CD (2014)  オマー・ロドリゲス・ロペス全面プロデュース、ヘンリー・ロリンズ/シャーリー・マンソン(ガービッジ)参加マイク・パットンやメルヴィンズからのプッシュも頷ける、レディ...

                  ¥2,400

                  CD (2014)  劇的な再邂逅/再同盟、衝撃の音源発表、驚愕のライヴ・デビュー。セドリック/オマーによるマーズ・ヴォルタ以降が鮮明になる、アンテマスクの初アルバム。フリー(レッド・...

                  ¥2,400

                  CD (2014) 本作『II』は『I』よりも苛烈さを極める長尺の楽曲を収録。元々それぞれのメイン3バンドの中でもとりわけヘヴィロック嗜好が強い3人が集まっていることもあるが、より精神...

                  ¥2,400

                  CD (2014) ■オールド・マン・グルーム(OMG)とはネイト・ニュートン(コンヴァージ/ドゥームライダーズ)、ケイラブ・スコフィールド(ケイヴ・イン/ゾゾブラ)、アーロン・ターナ...

                  ¥4,800

                  2xCD+DVD (2014) A set of "The Ape of God I", "The Ape of God II" and a free new Old Man Gloom DVD...

                  ¥2,400

                  CD (2014) アメリカの狂気を体現する先駆者が帰還。現マストドンのメンバーを輩出したことでも知られるトゥデイ・イズ・ザ・デイ最新作。唯我独尊の揺るぎなさを叩きつける。■首謀者ステ...

                  ¥2,400

                  エンドン / ママ CD (2014) ■「こいつらは狂ってる! 腹にくる、幻覚を覚えるサウンドとノイズ、紛うことなき音の死旅行だ」 by Justin K.Broadrick (GO...

                  ¥2,400

                  アース / プリミティヴ・アンド・デッドリー CD (2014) マーク・ラネガン参加、久々のヴォーカル曲とヘヴィなリフ主体の楽曲で提示する新境地!■巨匠ディラン・カールソン...

                  ¥3,300

                  2xCD (2014) ■今回プロデューサー/エンジニアに名手ビリー・アンダーソンを迎え、更なるステップアップを見せている。どこか憂いを漂わせるヘヴィロックは健在。前作からさらに大作指...

                  ¥550

                  CDR (2009) CDRシリーズ第8弾、アルバム「明日 アルファベットが、消えてしまいますように」よりアウトテイクが登場、12分27秒収録。完全限定販売。灰野敬二 (Guitar,...

                  ¥2,400

                  CD (2014) 灰野敬二 (Guitar, Vocal)藤掛正隆 (Drums) 前作「明日 アルファベットが、消えてしまいますように」から5年ぶりとなる灰野敬二と藤掛正...

                  ¥2,400

                  CD (2014) 参加ミュージシャン:藤掛正隆 Fujikake Masataka – drumsレック Reck – bass栗原道夫 Kurihara Michio – guit...

                  ¥3,300

                  2xCD (2014) 映像劇伴音楽から始まった、3人の盟友による現代アヴァン/ドローン/エレクトロニカの粋。全世界で日本のみCD化、完全未発表音源収録のボーナス・ディスク付2枚組仕様...

                  ¥2,400

                  アイヘイトゴッド CD (2014)  14年振りとなる通算5作目。■バンドの絶対的リーダー: ジミー・バウアーはパンテラのフィル・アンセルモノの右腕として、フィル率いるダウンやスーパ...

                  ¥2,400

                  キング・バゾ / ディス・マシーン・キルズ・アーティスツ CD (2014) デビューから30年、一時も立ち止まらず常識破りの活動を続けるメルヴィンズの絶対的リーダ...

                  ¥3,300

                  2xCD (2014)  サイケデリックに空気感を変える新世代USメタルの急先鋒。日本盤のみ完全初出音源収録のボーナス・ディスク付2枚組仕様!■ここ数年、商業主義にまみれたシーンから距...

                  ¥2,400

                  フロア / オブレイション CD (2014)  ■1992年に結成、ヘヴィロックとハードコアを融合させつつ独特のポップ・フィーリングを持ったサウンドで、アンダーグラウンド・シーンの伝...

                  Spinner